International Disk Drive Equipment and Materials Association

 2012年、タブレットやスマートフォンの急速な普及に伴い、パソコン市場は低迷し、HDD市場も大きく影響を受けました。
しかし、今後スマートシティが本格化していけば、これまで活用されてこなかった膨大なデータが、ビッグデータとして社会の中でやりとりされるようになり、 インフラとしてのストレージ産業は重要度を増していくものと期待されます。
 取り巻く環境が大きく変化する中、HDD業界はどういう展望をもつべきか、大きな判断が求められているものと考えます。
 IDEMA JAPAN(日本HDD協会)では、HDD関連企業のトップならびにトップアナリストをお招きし、2013年の業界動向、企業の抱負について語っていただくセミナーを企画いたしました。
また、終了後は、恒例の賀詞交換会を開催いたします。幅広い情報交換ならびにネットワークの拡大にご活用いただきます様、大勢の皆様のご参加をお待ちしております。

開催要項

日時 2013年1月25日(金) 13:00~  (終了後、賀詞交歓会)
場所 発明会館ホール (発明会館ビル 地階)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-14 電話 03-3502-5499
交通 東京メトロ銀座線 虎ノ門駅3番出口、徒歩5分
霞が関駅A13番出口、徒歩13分
 会場はこちら
参加料金 会員 25,000円   非会員 50,000円
2012年度より、印刷資料の配布はございません。
  Webにて事前に資料を公開いたします。
  必要な方は、各自ダウンロードし印刷してご持参ください。
  別途、メールでご連絡させていただきます。
お申し込み

機器展示の御案内
懇親会場に展示スペースがございます。 詳細は、info@idema.gr.jpへお問い合わせください。

プログラム

13:00-13:10

開催挨拶
IDEMA JAPAN 会長
株式会社 東芝 セミコンダクター&ストレージ社 HDD技師長 服部正勝 氏

13:10-13:45

Vision for Change - Driving Value Through Strategic Initiatives
株式会社 HGSTジャパン
代表取締役 社長 堀家正充 氏
業界を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、さらなる成長を実現するためには、絶えず変革を続けて価値を生み出すための戦略的なVisionが必要である。
HGSTとして現在の市場や技術動向をどう捉え、その中でどこにどうやって注力していくのか、戦略や取り組みを紹介する。
13:45-14:20 進化するストレージ市場と東芝の戦略
株式会社 東芝 セミコンダクター&ストレージ社
ストレージプロダクツ事業部 ストレージプロダクツ応用技術部
部長 工学博士  田中陽一郎 氏
クライアント市場では、これまでの主役PCに加えタブレットが広く浸透し始め、市場構造が大きく変化している。
クライアント市場やITC社会を支えるインフラとして、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、スマートコミュニティなど高速かつ大容量ストレージの活用が進化を続けている。
大きく変わりゆくストレージ市場に対し、東芝が推進するストレージプロダクツ事業戦略、技術戦略を語る。
14:20-14:55 富士通ストレージETERNUSの技術と展望
富士通株式会社
ストレージシステム事業本部 本部長
近藤博昭 氏
社会や企業を取り巻くデータは多種多様で爆発的に増加し続けている。ICT基盤の中核を担うストレージシステムは、これらデータの確実な保管・活用において要求は高く、重要な役割を担っている。
本講演では富士通ICTの取り組み、ストレージ技術動向や展望について紹介する。
14:55-15:15 休憩
15:15-15:50 2013年のHDD市場展望
IT総合研究所
チーフアナリスト 久保川昇 氏 
タイでの洪水被害の後、今度は世界経済の低迷により、需要が大打撃を受けている一方、このような環境でも、寡占体制となったHDDメーカは空前の利益を確保 している。本講演では、「オーバーテクノロジー」、SSDとの競合などの諸問題を抱えながら、社会インフラとしての重要な役割を果たすHDD市場の将来を展望する。
15:50-16:25
通訳は、
ございません
The 2020 Digital Universe and its Impact on the HDD Industry
International Data Corporation
Group VP Storage, Semiconductors, Security, GRC Infrastructure, and Pricing
David Reinsel 氏
The migration from mainframes to PCs was a 25 year path. The next decade and beyond will be defined by mobile devices, apps, social networks, big data, and the cloud. Data is at the heart of our digital universe, but how will the next decade transform the outlook for the HDD industry? David Reinsel, IDC group vice president, will lay out his 2020 vision for the future.
16:25-17:00 コンピューティングの変革とHDDの今後
株式会社 Impress Watch PC Watch編集部
記者  劉 尭 氏
スマートフォンやタブレットなどを筆頭とするデバイスの普及に伴う、HDD需要の変化。そして今後必要とされる技術のブレイクスルーについて語る。
17:10-  賀詞交歓会 (虎ノ門ツインビルディング 旧:新日鉱ビル 地下)

※プログラム準備段階中につき、講演内容・順序等、変更される事がございます。
 予めご了承いただきます様お願いいたします。
 詳細が決まり次第、随時お知らせいたします。


ページTopへ

IDEMA JAPAN (日本HDD協会) 〒105-0003 東京都港区西新橋2-11-9 ワタルビル6階
Tel:03-3539-7071 FAX:03-3539-7072  E-mail : info@idema.gr.jp

© 2009 IDEMA JAPAN All Rights Reserved