コンタミネーションコントロール部会
HOME > 技術委員会 開催案内 > コンタミネーションコントロール部会

次回開催予定

日時: 2016年 ●月●日(●) 午後

開催場所:東京都港区西新橋2-11-9 ワタルビル6F会議室 地図


これまでの部会

日時: 2016年 3月4日(金) 14:00〜

【議題】

1.部会報告 14:00-14:30
(1)コンタミネーションコントロール部会の2016年の活動計画について
(2)その他
2.ワークショップ 14:30-16:30
(1) 「水晶振動子センサーを用いた測定とその応用について」
  (ナノ厚さの単分子層液体膜(潤滑剤)を評価する技術:水晶振動子センサー)
    セイコー・イージーアンドジー株式会社 営業部 QCMチームリーダー山本 裕二様
(2) 「プラズモンセンサおよび表面増強ラマン分光システムを用いた磁気ディスク表面の超高感度化学分析」
    早稲田大学ナノテクノロジー研究所・研究院教授 工学博士 柳沢雅広様

3.HDD技術への適用に関するフリーディスカッション 16:30-17:00
     ワークショップでのご講演テーマを中心に、
    HDD内のアウトガス測定方法、部品洗浄評価、故障解析への適用等に関する議論
4.簡単な懇親会(17:00-18:00)


日時: 2015年11月6日(金) 14:00 〜17:00 ESD部会と合同開催です

【議題】
1.部会報告 14:00-14:30
1.1 コンタミネーションコントロール部会より報告(14:00-14:15)
(1)コンタミネーションコントロール部会の今後の活動について
(2)その他
1.2 ESDコントロール部会より報告(14:15-14:30)
(1)ESDコントロール部会の今後の活動について
(2)その他
2.ワークショップ 14:30-17:00
2.1:「FBG光ファイバーを用いた高速演算処理モニター付高周波超音波測定
(High-Frequency Ultrasonic Measurement by Using FBG Optical Fiber
with Ultra-High Speed Sampling Monitor)」(14:30-15:30)
株式会社 カイジョー 超音波機器事業部  超音波応用企画部 副島 潤一郎 様
2.2:「EMC試験規格の最新情報」(15:30-16:20)
株式会社 日立情報通信エンジニアリング 電磁試験部  寺井 克夫 様
2.3:「HDDの部品帯電によるDiskの誘導帯電」(16:20-17:00)
株式会社 HGSTジャパン WWFA 主任技師 宮竹 政実 様
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上


日時: 2015年8月28日(金) 14:30〜

【議題】
1.部会 14:30-14:50
(1)「パーティクル/アウトガス/イオンコンタミネーションの現状および分析評価手法」に関する、
今後の部会活動についての議論
2.ワークショップ 15:00-17:00
(1)「ラマン分光の最新技術とハードディスク分析への応用」
    株式会社 堀場製作所 科学・半導体開発部 マネージャー 中田 靖 様
(2)「データ復旧技術のご紹介」
   1.「データ復旧とは」 アドバンスデザイン株式会社 代表取締役 本田 正 
   2.「論理障害におけるデータ復旧方法」  株式会社 アドバンスドテクノロジー 代表取締役 金田 龍介 様
   3.「物理障害におけるデータ復旧方法」 株式会社 LIVEDATA 代表取締役 堤 充史 
   4.「データ復旧ビジネス概要」 AOSリーガルテック株式会社 取締役 春山 洋 様
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上


日時: 2015年3月6日(金)13:00〜   受付開始時間 : 12:45〜

【議題】
1.部会報告 13:00-14:00
(1)M8スタンダード(Determination of Volatile Organic Compounds by Static Headspace GC/MS)の読み合わせ
(2)その他
2.ワークショップ 14:00-17:00
(1)「アウトガス分析の動向(Static Headspace法とDynamic Headspace法の違い、分析例等の紹介を含む)」
    株式会社 住化分析センター 気相解析グループ サブリーダー 内原 有紀 様
(2)「超音波洗浄の基礎と応用」
    株式会社 プレテック 技術開発部 技術開発グループ 後藤 昭広 様
(3)「ハイドロカーボンのディスク内におけるトランスファ」および「最近のディスクにおけるルブリカント・トランスファ」
    株式会社 MORESCO 技術顧問 笠井 春雄 様(Dr. Paul H. Kasai)
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上


日時:2014年11月19日(水) 13:30〜 ESD部会と合同開催です

【議題】
1.部会報告 13:30-14:30
1.1 コンタミネーションコントロール部会より報告(13:30-14:10)
(1)M6スタンダード(Environmental Testing for Corrosion Resistance and for Component Compatibility)の読み合わせ
(2)その他
1.2 ESDコントロール部会より報告(14:10-14:30)
(1)ESDコントロール部会の今後の活動について
(2)その他
2.ワークショップ 14:40-17:00
2.1:「高速・広帯域通信時代の最新ノイズ計測技術」(14:40-15:20)
     テクトロ二クス社/ケースレーインスツルメンツ社
      営業統括本部 営業技術統括部 FAE部 RFアプリケーションエンジニア 岡田 信孝 様
2.2:「Head配線の違いによるESD障害の紹介」(15:20-16:00)
     HGSTジャパン 主任技師 宮竹 政実 様
2.3:「反磁性オイルシールを用いたスピンドルモータ・ピボットベアリングからのアウトガス低減」(16:00-17:00)
     関西大学 システム理工学部 機械工学科 教授 谷 弘詞 様
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上


日時:2014年7月25日(金) 13:30〜

議題
1.部会(13:30-14:50)
(1)M5(Contaminant Transport Mechanisms in Hard Disk Drives:Terminology)の読み合わせ
(2)アンケート(コンタミネーションコントロール部会に対するご要望)のフィードバック
(3)その他
2.ワークショップ(15:00-17:00)
(1)「FE-SEMを用いた極低加速電圧による最表面観察技術について」
     株式会社東陽テクニカ 分析システム営業部 係長 相蘇 亨 様
(2)「クリーンウェアの清浄度管理について」
     株式会社中部シイアイシイ研究所 代表取締役 山口 弘修 様
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上


日時:2014年3月20日(木) 13:30〜17:00

議題 1.部会(13:30-14:50)
(1)2014年の活動計画
(2)M4スタンダード(Disk Drive Industry Default Reporting Units for Contamination)の読み合わせ
(3)その他
2.ワークショップ(15:00-17:00)
(1)「新ディスク腐食性評価スタンダード(M10: Special Cations Analysis)の解説」
昭和電工エレクトロニクス株式会社 研究開発センター サブグループリーダー 中村佳澄 様
(2)「目から鱗の粒子可視化技術」
クリーン化技術コンサルタント ザッツブレイン代表
NCC株式会社 クリーン化ビジネス事業 チーフコーディネーター 矢島良彦 様
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上


日時:2013年11月8日(金)13:30〜17:00  ESD部会と合同開催です

議題
3.1 部会報告 13:30-14:20
3.1.1 コンタミネーションコントロール部会より報告(13:30-14:00)
(1)M10スタンダード(Special Cations Analysis)の改版審議
(2)コンタミネーションコントロール部会の今後の活動について
(3)その他
3.1.2 ESDコントロール部会より報告(14:00-14:20)
(1)ESDコントロール部会の今後の活動について
(2)前回部会ワークショップの質疑回答
(3)その他
3.2 ワークショップ 14:30-17:00
3.2.1:「光散乱を用いた微粒子測定について」 14:30-15:30 スペクトリス株式会社 PMS事業部 加藤 和年 様
3.2.2 :「ESDの可視化」 15:30-16:10NECエンジニアリング株式会社 基盤テクノロジー事業部
                        エンベデッドシステム開発部 久保 勝士 様
3.2.3:「HDD内の帯電と塵埃」 16:10-16:50 株式会社 HGSTジャパン FI 主任技師 宮竹 政実 様
4.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上


日時:2013年7月24日(水) 14:00〜 → 14:30〜

議題:
1.部会(14:30-14:50)
 (1)新副部会長の紹介
 (2)コンタミネーションスタンダードのホワイトペーパーへの登録完了報告
 (3)M10スタンダード(Special Cations Analysis)の改版議論
 (4)次回ESDコントロール部会のご案内
 (5)その他
2.ワークショップ(15:00-17:00)
 (1)「ガスバリア性評価における業界動向とシール材評価への適用」
  株式会社住化分析センター 電子事業部 課長 行嶋史郎 様
  (2)「超音波洗浄の管理手法の色々及び ピエゾ制御による小流量パルスジェットの紹介」
  株式会社カイジョー 産業用洗浄装置事業部 超音波応用企画部 部長 副島潤一郎 様
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上


日時:2013年5月24日(金) 15:00〜17:00(評価WG) 

議題:M10スタンダードの改版議論


日時:2013年3月8日(金) 14:00〜

議題:
1.部会(14:00-14:50)
(1)2013年コンタミ部会の活動予定
(2)スタンダードの登録に関して
(3)M10スタンダード(Special Cations Analysis)の改版議論
(4)その他
2.ワークショップ(15:00-17:00)
(1)「Arガスクラスターイオン銃付TOF-SIMSを用いた表面汚染の分析」
株式会社 日東分析センター 形態・表面解析研究部 第3研究室 室長補佐 前野 直人 様
(2)「微粒子可視化技術とパーティクルコンタミ評価への適用事例のご紹介」
新日本空調株式会社 ビジュアルソリューション事業部 事業部長 岡本 隆太 様
3.簡単な懇親会
以上


日時:2012年11月29日(木)14:00〜

議題
1.部会(14:00-14:50)
(1)スタンダードのIDEMA登録に関して
(2)IDEMA用語辞典改版に関して
(3)M10スタンダード(Special Cations Analysis)の改版 読み合わせ
(4)その他
2.ワークショップ(15:00-17:00)
(1)「GC/MSからのステップアップは、何がいいか?
〜ハイフネーテッドGC/MS vs GC-MS/MS vs GC/GC-MS〜 」
     株式会社 島津製作所 分析計測事業部 営業統括部 寺 正成様
(2)「ハードディスク内部で発生する摩擦帯電のヘッド浮上量への影響」
     株式会社 HGSTジャパン 先行プラットフォーム開発室 津波古 和司様
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上  


日時:2012年7月20日(金) 14:00〜

議題:

1.部会(14:00-14:50)
(1)M9(Particle Contamination Test Method)の承認進捗状況報告
(2)M7: Organic Contamination as Nonvolatile Residue(不揮発性残渣)改版内容の説明と承認審議
(3)その他
2.ワークショップ(15:00-17:00)
(1)「HDDコンタミネーションコントロールの概説」
株式会社 HGSTジャパン CMI材料技術開発部 大瀧哲也様
(2)「有機物のヘッドコンタミ障害(Flying Instability due to Organic Compounds in Hard Disk Drive)」
株式会社 東芝 ストレージプロダクツ事業部 先行技術開発部 園田幸司様
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上


日時:2012年3月9日(金) 13:00〜

議題

1.部会(13:00-14:50)
(1)M9(Particle Contamination Test Method)の承認進捗状況報告
(2)M1、M2、M3の承認進捗状況報告
(3)M4、M7の改版議論(読み合わせ、および改版方針を議論)
M4 : Recommended Practice : Disk Drive Industry Default Reporting Units for Contamination
M7 : Organic Contamination as Nonvolatile Residue (不揮発性残渣)
(4)その他
2.ワークショップ (15:00-17:00)講演順番が変わりました
(1)「LPC(液中パーティクルカウンター)の基礎と最新動向」
リオン梶@開発部 微粒子計測器開発課 主任 水上敬様
(2)「新スタンダード(M9:パーティクル測定)の内容紹介」
鞄立GST CMI材料技術開発部 CMI推進技術G 主任技師 技術士(金属部門) 永田毅様
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上


日時:2011年11月2日(水)14:00〜

議題:

1.部会(14:00-14:50)
(1)M9−11(PARTICLE CONTAMINATION TEST METHOD)の承認進捗状況報告
(2)M1−98、M2−98、M3−98の改版状況報告
     M1−98 :TERMS AND DEFINITIONS
     M2−98 :MATERIALS USED IN HARD DISK DRIVES
     M3−98 :EFFECT OF CONTAMINATION IN DISK DRIVES
(3)その他
2.ワークショップ (15:00-17:00)
(1)「環境条件で変わる超音波洗浄」
     株式会社カイジョー 産業用洗浄装置事業部 開発技術グループ
       グループマネージャ 副島潤一郎 様
(2)「サスペンションの洗浄技術とその評価方法について」
     日本発条株式会社 DDS事業本部 開発部
       テクニカルアドバイザー 阿久津修一 様
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)
以上


2011年7月15日(金) 13:00-18:00 

議題:

1.部会(13:00-14:50)
(1)アウトガススタンダード(M11)の承認報告
(2)パーティクルスタンダード(M9−98)の改定(案)の説明と承認
(3)その他
2.ワークショップ (15:00-17:00)
(1)「GC/MS用加熱脱着装置(Markes社)での清浄度評価」
   アジレント・テクノロジー アプリケーションセンター 中村貞夫 様
(2)「プラズモンアンテナ型分子センサによる極微量有機ガスの検出」
   早稲田大学 生命医療工学研究所 教授 工博 柳沢雅広 様
3.簡単な懇親会(17:00-18:00)

以上


2011年3月11日(金) 13:00-18:00 

議題:

1.部会(13:00-14:50)
(1)アウトガススタンダード(M11)の承認状況報告
(2)パーティクルスタンダード(M9−98)の内容確認と今後の改版方針
(3)その他

地震のため以下は中止となりました

2.ワークショップ (15:00-17:00)
(1)「GC/MS用加熱脱着装置(Markes社)での清浄度評価」
   アジレント・テクノロジー アプリケーションセンター 中村貞夫 様
(2)「プラズモンアンテナ型分子センサによる極微量有機ガスの検出」
   早稲田大学 生命医療工学研究所 教授 工博 柳沢雅広 様

3.簡単な懇親会(17:00-18:00)

以上


2010年10月22日(金) 13:30-18:00  開催場所:IDEMA JAPAN 事務所

議題 
1.部会(14:00-15:00)
(1)スタンダードの改版状況報告
(2)その他 

2.ワークショップ(15:15-17:00)
(1)AFMの最新技術動向
パーク・システムズ・ジャパン株式会社 代表取締役 杉浦眞佐 様
(2)局所加熱プローブを用いた微小有機物試料の直接導入質量分析技術
株式会社 日立グローバルストレージテクノロジーズ CMI材料技術開発部
CMI推進技術G 堀越和彦 様

3.簡単な懇親会(17:00-18:00) IDEMA JAPAN 事務所


2010年5月18日(火) 13:30-18:00  開催場所:IDEMA JAPAN 事務所

議題 
1.部会(13:30-14:30)

(1)スタンダードの改版状況報告
(2)その他

2.ワークショップ(14:45-17:00)

(1)GCMSの基礎と最新動向
   株式会社 島津製作所 分析計測事業部 マーケティング部 寺 正成 様

(2)発ガス測定の新スタンダードの解説
   株式会社 日立グローバルストレージテクノロジーズ CMI材料技術開発部 CMI開発評価G 星野 重男 様

(3)ヘッド・ディスク・インタフェースにおける潤滑剤ピックアップ現象の可視化
   関西大学システム理工学部 機械工学科 准教授 谷 弘詞 様

3.簡単な懇親会(17:00-18:00)


2010年4月9日(金) 14:00-17:00  開催場所:IDEMA JAPAN 事務所

コンタミネーションコントロール部会
2月5日(金)部会参加者各位

2月5日のコンタミネーションコントロール部会で説明しましたように、
IDEMA Standard M9-98の見直しワーキンググループの第一回会合を 下記日程で行います。
参加、協力を希望される方はご参集ください。

お手数ではございますが、 ご出席の方は三浦(miura@idema.gr.jp)までご返信をお願い致します。

議 題:IDEMA Standard M9-98の見直しについて

以上


2010年2月5日(金) 13:30-  開催場所:5東洋海事ビル会議室B

 議題:

1.部会(13:30-15:00)

(1)Diskcon Japan 2010での部会展示

(2)LPCスタンダードの内容紹介とRevise体制構築
M9-98 Particulate Contamination Test Methods for Hard Disk Drive Components

(3)下記のスタンダードの内容紹介とRevise体制構築
M1-98 Terms and Definitions for Micro contamination
M2-98 Materials Used in Hard Disk Drives
M3-98 Effects of Contamination in Disk Drives

2.ワークショップ(15:10-17:00)

(1)新スタンダード(イオンコンタミ測定)の内容紹介
東芝ストレージデバイス株式会社 ストレージデバイス設計第三部 富岡 由喜 様

(2)イオンクロマトグラフの最新技術動向
日本ダイオネクス株式会社 技術部 関口 陽子 様

(3)ToF-SIMSを中心とした表面分析法の技術動向
アルバック・ファイ株式会社 営業技術室 星 孝弘 様


2009年10月2日(金) 14:00-18:00  開催場所:IDEMA JAPAN 事務所

プログラム:

14:00-15:15 部会:今後の運営方針

1.運営体制(WG)について
2.Microcontamination Control Standardの改版計画
3.ワークショップの計画
4.その他

15:30-17:00 ワークショップ

1.水の活性化と活性水による洗浄 
      ウォーターデザイン研究所 所長 理博 久保田昌治 様

2.プラズモンアンテナ型分子センサによる微量分子の検出
      早稲田大学 生命医療工学研究所 教授 工博 柳沢雅広 様


2009年6月17日(水)13:30〜18:00  開催場所:5東洋海事ビル会議室B

プログラム

13:30-14:30 アウトガス測定スタンダードの改版審議

14:30-15:30 ワークショップ(1)

1.アルミサブストレートに求められる洗浄品質要求-現到達度と今後について
昭和電工株式会社 HD事業部門 生産技術統括部 小山生産センター 開発G マネージャ 畑山 博史 様

2.洗浄の科学 〜汚染と洗浄のメカニズムと考え方〜
株式会社 フジミインコーポレーテッド 技術本部長 森永 均 様

15:45-16:45 ワークショップ(2)

3.接触角による清浄度の簡易評価
協和界面科学株式会社 国内営業部 主任技師 加藤 正和 様

4.ICやCEを用いた構造解析手法による表面清浄度評価
株式会社 住化分析センター 微量解析グループ グループリーダー 飯川 玲子 様


2009年2月27日(金) 13:00〜18:00   開催場所:IDEMA JAPAN事務所

議題

  13:30-14:00 2009年活動方針議論
  14:00-15:30 アウトガス測定スタンダードの改版
ワークショップ 15:30-17:00 (1) 「UV洗浄技術」
     セン特殊光源株式会社  代表取締役 菊池 清 様
    (2) 「TOF-SIMSによる電子材料の表面汚染分析」
     株式会社 東レリサーチセンター
表面化学研究部表面解析研究室
主任研究員 萬 尚樹 様

2008年10月22日(水)  開催場所:IDEMA JAPAN事務所

議題

1.評価WG 13:30−14:00 IC測定スタンダード改版(案)の承認
  M12−99: Measurement of Extractable/Leachable CationContamination Levels on Drive Components by Ion Chromatography
  M13−99: Measurement of Extractable/Leachable Anion Contamination Levels on Drive Components by Ion Chromatography
  14:00−15:30 GC-MS測定スタンダード改版の議論
 
M11-99:
General Outgas Test Procedure by Dynamic Headspace
     
2.セミナー 15:45-16:15 「超音波洗浄におけるコンタミコントロール方法と課題」
                 富士通オートメーション 小林秀祐様
  16:15-17:00 「エアロゾル粒子の動力学的挙動と計測の基礎」
                 工学院大学 准教授 並木則和様

2008年5月23日(金)  開催場所:IDEMA JAPAN事務所

議題 :
 1.イオンコンタミ評価手法(Standard)見直しに関する議論
14:00−15:00
  M12−99:Measurement of Extractable/Leachable CationContamination Levels on
Drive Components by Ion Chromatography
  M13−99:Measurement of Extractable/Leachable Anion ContaminationLevels on
Drive Components by Ion Chromatography   −Standard改訂箇所の最終確認

 2.アウトガス評価手法(Standarde)見直しに関する議論
15:15−17:15
  M11−99:General Outgas Test Procedure by Dynamic Headspace
Analysis
  −現行Standardの評価手法概要の確認、および改訂方針に関する議論
  −現行Standardの詳細レビューおよび改訂箇所の議論(含む測定限界、校正法)
  −今後のスケジュール

StandardはIDEMA HPの「Microcontamination」ホルダー内より入手できます。


2008年3月14日(金) 14:00-18:00  開催場所:IDEMA JAPAN事務所

議題:
14:00-16:00:部会
1.評価WG活動報告:イオンコンタミ分析スタンダードの改定案審議
2.設備WG活動計画
3.IDEMA用語辞典改版

16:15-17:00:ワークショップ
・垂直磁気ディスクの耐食性/耐スクラッチ性に対する保護膜/磁性膜の密度依存性
日立GST 谷弘詞 様


2008年1月25日(金)評価WG  開催場所:IDEMA JAPAN事務所

議題:
1.イオンコンタミ評価手法(Standard)見直しに関する議論
−現行Standard(M12−99、M13−99)のレビュー
     M12−99:Measurement of Extractable/Leachable Cation
Contamination Levels on Drive Components by Ion Chromatography
     M13−99:Measurement of Extractable/Leachable Anion
Contamination Levels on Drive Components by Ion Chromatography
  −Standard改訂箇所の議論
  −改訂計画立案

 2.塵埃コンタミ評価手法(Standarde)見直しに関する議論
  −現行Standard(M9−98)のレビュー
     M9−98:Particulate Contamination Test Methods for Hard Disk
Drive Components
  −Standard改訂箇所の議論
  −改訂計画立案

 StandardはIDEMA HPの「Microcontamination」ホルダー内より入手できます。


2007年11月30日(金)  開催場所:東京国際フォーラム会議室 G505

議題

14:00-15:30:部会
1.評価WG活動報告
2.設備WG活動計画
3.IDEMA用語辞典改版

15:40-17:00:ワークショップ
1.「パーティクルカウンタの計数誤差要因について」  リオン 一条和夫様
2.「HDDにおける分子汚染問題とその評価技術 ?アウトガス分析を中心に」
住化分析センタ: 野中辰夫様、 武田直樹様


2007年10月12日(金) 評価WG  開催場所:IDEMA JAPAN事務所

議題:
 部品コンタミ評価手法(Standard)見直しの為の方針・活動計画について

 1.部品コンタミ評価手法・管理に関する、現状および要望の把握
 各検討委員の方より、現状および要望のご説明をいただく予定
 2.方針に関する議論
 3.活動計画(案)の作成


2007年9月7日(金)  開催場所: TKP新橋会議室

議題:
1.HDDの最近の動向と将来技術
  ・HDDの新技術と将来技術(PMR、DFH,DTR,BPM,HAMR etc.)
  ・HDI技術
  ・コンタミコントロール
   上記話題についてHDDメーカより話題提供の予定

   2.今後の活動に関する議論
  ・IDEMA用語辞典の改版
  ・Standardの見直し
  ・コンタミロードマップ
  ・設備WG(一条リーダ)、評価WG(大瀧リーダ)の活動計画

3.その他


2007年7月26日(火)   開催場所:TKP新橋会議室

議題:

1.活動方針について
HDDのコンタミコントロールにとって重要な設備関連(洗浄設備、組み立て設備など)と
コンタミ評価に関するWGを立ち上げて活動の軸とする予定です。
活動方針案をご説明した後、皆様のご要望、ご意見などを賜り、活動方針を決めます。
各方面の方が、参加しやすく且つ有益な活動を行いたいと考えています。

2.セミナーの計画
部会ではWGと共にコンタミ関連の専門家をお招きしてセミナーを開催いたします。
皆様のご要望、ご意見などを賜りたく存じます。

3.その他


2001年10月18日(木) 14:00-17:00

コンタミ分科会活動計画案 2001-2002

パーティクル他コンタミWG
@パーティクル評価基準まとめ
Aその他コンタミ含め有害コンタミリスト
B最新清浄度ニーズの整理
?新部品、新プロセス技術からの要請
C洗浄技術関係?部品プロセス/評価法など
Dワークショップ

リユース・リサイクルWG
@部材からドライブまで実態調査/要求事項整理
Aリユースにおける技術調査?クリーンバッグ、部品トレイ等
B材料消費(浪費)の低減プラン
Cリサイクルビジネスの可能性
Dワークショップ

ページTopへ

IDEMA JAPAN (日本HDD協会) 
〒105-0003 東京都港区西新橋2-11-9 ワタルビル6階  地図
E-mail :info@idema.gr.jp
(c) 2009 IDEMA JAPAN All Rights Reserved