合同部会
HOME > 技術委員会 開催案内 > 合同部会

次回開催予定

IDEMA JAPANの技術委員会活動にご理解、ご協力頂きありがとうございます。
下記日程にて2015年度合同部会を開催いたします。
本年度も昨年と同様に、会員の皆様に技術委員会の活動を広く理解して頂きたく、
各部会の報告とトピックス講演という形をとりました。
是非、ご参加頂き、議論頂きますよう宜しくお願い致します。

ヘッド・ディスク部会部会長 小林和雄

■ 日 時 ■ 2015年12月4日(金)13:00〜17:10(終了後、懇親会)

■ 場 所 ■ 日立金属高輪 和彊館
          〒108-0074 東京都港区高輪4-10-56 電話 03-3443-1717
          http://www.shunko.jp/hitachi-metals/wakyo_map.html
          JR 品川駅 高輪口より徒歩10分

■ 主 催 ■ IDEMA JAPAN(日本HDD協会) 幹事部会:ヘッド・ディスク部会

■ 参加費 ■ 部 会 : IDEMA会員*  無料    一般(非会員) 3,000円
          懇親会 : IDEMA会員   3,000円   一般(非会員) 3,000円

           * IDEMA会員とは会員企業の社員の方と個人会員の方のこと

☆ 懇親会費用を徴収しています。当日受付にてお支払いをお願い致します。

☆ 当日資料はモノクロ(両面コピー)です

会場や準備の都合上、11月30日(月)までにご出席のご連絡(懇親会参加の有無も)を
三浦(miura@idema.gr.jp)までお願い致します。

■プログラム■(敬称略)

13:00〜13:10 合同部会開催挨拶

技術委員会 委員長 株式会社 東芝 山本 耕太郎

13:10−13:55

ヘッド・ディスク部会

部会活動報告 部会長 協賛会員 小林 和雄
最近の磁気ヘッド技術動向 副部会長/TDK株式会社 磁気ヘッド&センサ ビジネスカンパニー 技術支援グループリーダー 照沼 幸一
13:55−14:40

ESDコントロール部会
部会活動報告 部会長 株式会社 HGSTジャパン 宮竹 政実
磁気ヘッド耐圧評価方法の紹介 副部会長/株式会社 東芝 セミコンダクター&ストレージ社 主務 仲島 智秀
14:40−14:55
coffee break
14:55−15:40
コンタミネーション
コントロール部会
部会活動報告 部会長 株式会社 HGSTジャパン 大瀧 哲也
水中超音波の観察方法について 株式会社 カイジョー 超音波機器事業部
開発技術部長 長谷川 浩史
15:40−16:25

コンシューマHDD部会
部会活動報告 部会長 ミカサ商事株式会社 清水 亮輔
新設「HDD信頼性評価講座、
概略紹介」
副部会長/株式会社JVCケンウッド CEセグメント
インフォテインメント開発部 長瀬 芳伸
16:25−17:10

データ復旧部会
部会活動報告 部会長 AOSリーガルテック株式会社 春山 洋
データ復旧技術 論理障害編 副部会長/株式会社 アドバンスドテクノロジー
代表取締役 金田 龍介
データ復旧技術 物理障害編 株式会社 LIVEDATA 代表取締役 堤 充史
17:10〜
懇親会

以上

※都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合もございます。
  あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


これまでの部会

日 時 2014年12月5日(金)13:00〜17:10(終了後、懇親会)

幹事部会 コンシューマHDD部会

■プログラム■(敬称略)

●13:00〜13:10

合同部会開催挨拶 技術委員会 委員長 株式会社 東芝 山本 耕太郎

●13:10−13:55 コンシューマHDD部会

部会活動報告 部会長 ミカサ商事株式会社 清水 亮輔

「SAFIAなどのコンテンツ保護技術について」
  株式会社 HGSTジャパン 新事業推進本部 PSプログラムマネジメント部 部長 助田 裕史

●13:55−14:40 ヘッド・ディスク部会

部会活動報告 部会長 協賛会員 小林 和雄

「マイクロマグネティックスによるレアアース磁石の保磁力発現メカニズムの解明に向けて」
  富士通株式会社 次世代テクニカルコンピューティング開発本部 プリンシパルエンジニア 上原 裕二

●14:40−14:55 coffee break

●14:55−15:40 データ復旧部会

部会活動報告

「データ復旧レポートのご紹介」
  部会長/AOSリーガルテック株式会社 取締役 春山 洋

●15:40−16:25 コンタミネーションコントロール部会

部会活動報告 部会長 株式会社 HGSTジャパン 大瀧 哲也

「微粒子可視化技術の製造現場への適用事例とその応用」
  新日本空調株式会社 ビジュアルソリューション事業部 事業部長 岡本 隆太

●16:25−17:10 ESDコントロール部会

部会活動報告 部会長 株式会社 HGSTジャパン 宮竹 政実

「PWM制御小型交流高圧電源を用いた超低オフセット電圧型除電装置の開発」
  シシド静電気株式会社 新横浜工場 研究開発部 研究員 博士(工学) 高橋 克幸

17:10〜     懇親会

以上

※都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合もございます。
 あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


日 時:2013年12月6日(金) 13:00-(終了後、懇親会)

幹事部会 ESDコントロール部会

■プログラム■(敬称略)
都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承下さい。

●13:00−13:10 合同部会開催挨拶 技術委員会 委員長 株式会社 東芝 飯田 安津夫

●13:10−13:55 コンシューマHDD部会
部会活動報告 部会長 ミカサ商事株式会社 清水 亮輔

「SATAベンチマーク試験White paper」

  副部会長/株式会社JVCケンウッド PS事業グループ コミュニケーションズ事業部
          ソリューション開発統括部 第一ソリューション技術部 第一設計G 長瀬 芳伸

●13:55−14:40 ヘッド・ディスク部会
部会活動報告 部会長 協賛会員 小林 和雄

「Mn-Ir基反強磁性/強磁性積層膜のスピン構造と交換磁気異方性」

  東北大学 工学研究科 准教授 角田 匡清

●14:40−14:55 coffee break

●14:55−15:40 データ復旧部会
部会活動報告

「割と簡単!Windows7/8への低コスト移行術」〜社内のDIYがいいか、社外のSIer依頼がいいか〜

  部会長/AOSリーガルテック株式会社 eLaw事業部 取締役事業部長 春山 洋

●15:40−16:25 コンタミネーションコントロール部会
部会活動報告 部会長 株式会社 HGSTジャパン 大瀧 哲也

「高電圧電極により生成されたイオンによる浮遊するナノパーティクルの除去」

  株式会社 HGSTジャパン 先行プラットフォーム開発室 津波古 和司

●16:25−17:10 ESDコントロール部会
部会活動報告 部会長 株式会社 HGSTジャパン 宮竹 政実

「静電気放電発生箇所可視化技術の開発2」

  鹿児島県工業技術センター 生産技術部 研究専門員 尾前 宏

17:10−     懇親会

以上


日 時:2012年12月7日(金) 13:00-(終了後、懇親会)

幹事部会 コンタミネーションコントロール部会

■プログラム■(敬称略)
都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承下さい。

●13:00−13:10 合同部会開催挨拶 技術委員会 委員長 株式会社 東芝 飯田 安津夫

●13:10−13:55 ヘッド・ディスク部会
部会活動報告 部会長 協賛会員 小林 和雄

「超高密度ナノビット磁気記録技術:5T/in2超熱アシスト記録」
株式会社 日立製作所 中央研究所 主管研究員 宮本 治一

●13:55−14:40 ESDコントロール部会
部会活動報告 副部会長 株式会社 東芝 仲島 智秀

「静電気力顕微鏡 Electrostatic Force Microscope(EFM)の機能紹介」
トレック・ジャパン株式会社 代表取締役 社長 上原 利夫 11/27講師変更

●14:40−14:55 coffee break

●14:55−15:40 コンシューマHDD部会
部会活動報告 部会長 ミカサ商事株式会社 清水 亮輔

「USB 3.0の規格とその検証方法」
株式会社 エクスカル 検証技術統括部 関根清生

●15:40−16:25 データ復旧部会
部会活動報告

「スマートフォンにおける、データ復元と抹消の現状」
部会長/AOSリーガルテック株式会社 elaw事業部 取締役事業部長 春山 洋

●16:25−17:10 コンタミネーションコントロール部会
部会活動報告 部会長 株式会社 HGSTジャパン 大瀧 哲也

「有機物のヘッドコンタミ障害(Flying Instability due to Organic Compounds in Hard Disk Drive)」
株式会社東芝 ストレージ事業部 先行技術開発部 参事 園田 幸司

17:10−     懇親会

以上


日 時:2011年12月2日(金) 13:00-17:20(終了後、懇親会)

幹事部会:ヘッド・ディスク部会

■プログラム■(敬称略)
都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承下さい。

13:00〜13:10
技術委員長挨拶
IDEMA技術委員会 委員長
株式会社 日立グローバルストレージテクノロジーズ 武藤 弘

13:10〜13:55
「熱アシスト磁気記録のための媒体材料およびプロセス開発」
株式会社 日立製作所 中央研究所 先端ストレージ研究部 主任研究員 根本 広明
共同発表者:中村 公夫、武隈 育子、廣常 朱美、佐山 淳一、棚橋 究

13:55〜14:40
「純スピン流やスピン蓄積を用いた新機能性デバイスの創製に向けて」
独立行政法人 理化学研究所 基幹研究所 量子ナノ磁性研究チーム 副チームリーダー 福間 康裕

14:40〜15:00 coffee break

15:00〜15:45
「Znウスタイトスピンフィルタリング層による磁気抵抗効果の増大」
株式会社東芝 研究開発センター 研究主務 藤 慶彦
共同発表者:原 道子、湯浅 裕美、村上 修一、福澤 英明

15:45〜16:30
「ハーフメタルホイスラー合金を用いた面直通電型巨大磁気抵抗素子の磁気抵抗効果」
東北大学 大学院 工学研究科 准教授 大兼 幹彦

16:30〜17:20
各部会長活動報告(各部会10分)
1.ヘッド・ディスク部会
2.コンシューマHDD部会
3.ESDコントロール部会
4.コンタミネーションコントロール部会
5.データ復旧部会

17:20〜     懇親会

以上


2010年12月3日(金) 13:00-17:15  開催場所: 日立金属高輪 和彊館

幹事部会:コンシューマHDD部会

13:00〜13:10 合同部会開会挨拶 パナソニック株式会社 清水 亮輔

●13:10〜13:55 コンシューマHDD部会

部会活動報告 部会長 パナソニック株式会社 清水 亮輔
  
「SATA伝送路におけるフレキケーブルの評価方法」    
山一電機株式会社 コネクタソリューション事業推進部 シニアプロフェッショナル 木村 直

●13:55〜14:40 コンタミネーション部会
  
部会活動報告 部会長 株式会社 日立グローバルストレージテクノロジーズ 大瀧 哲也
 
「電子材料表面における汚染・異物分析の実際」
株式会社 東レリサーチセンター 表面解析研究部 萬 尚樹

14:40〜15:00 coffee break

●15:00〜15:45 ヘッド・ディスク部会

部会活動報告 富士電機デバイステクノロジー株式会社 清水 治好

「Bit Patterned Media Made by Directed Self-Assembled Mask with 2.5 Td/in2 Feature Size」
株式会社 東芝 研究開発センター 記憶材料・デバイスラボラトリー 喜々津 哲

●15:45〜16:30 ESDコントロール部会

部会活動報告 部会長 鈴鹿工業高等専門学校 大津 孝佳 

「機内無線LANの有効性 及び 航空機搭載電子機器への電波干渉 調査検討結果の紹介」
RAエンジニアリングハウス 平田 俊清

●16:30〜16:45 データ復旧部会

部会活動報告 部会長 アドバンスデザイン株式会社 本田 正

【追加講演】
●16:45〜17:15 コンシューマHDD部会

「NAND解析システムについて」
株式会社 シグリード 代表取締役 江角 淳


2009年12月4日(金) 13:00-17:15  開催場所: 日立金属高輪 和彊館

幹事部会 ESDコントロール部会

■プログラム■ (当初のプログラムと比べ講演順番が変わっております)

13:00〜13:05 開会挨拶

13:05〜13:40 『特別講演』
「放送アーカイブ用ストレージを目指した薄型光ディスク」
財団法人 NHKエンジニアリングサービス 先端開発研究部 チーフ・エンジニア 高野善道

13:40〜14:20 『コンシューマHDD部会』
「部会活動報告」
副部会長 日本ビクター株式会社 長瀬芳伸

「SATA伝送路・信号品質評価法の標準化に向けた取り組み」
レクロイジャパン株式会社 プロダクトスペシャリスト 鳥越大

14:20〜15:00 『コンタミネーションコントロール部会』
「部会活動報告」
部会長 東芝ストレージデバイス株式会社 山本尚之

「HDDにおける超音波精密洗浄について」
ミヤチシステムズ株式会社 エンジニアリング統括部 第1技術部 芝野俊春

15:15〜16:20 『ESDコントロール部会』
「部会活動報告」
部会長 株式会社 日立グローバルストレージテクノロジーズ  大津孝佳

「車載半導体 ESD/EMI耐量評価の現状」
カルソニックカンセイ株式会社 開発本部 開発信頼性統括グループ 冨永保 様

「ハードディスク エアースポイラの帯電に起因する塵埃附着に関する考察」
株式会社 日立グローバルストレージテクノロジーズ 津波古和司

16:20〜16:35 『車載HDD&リムーバブルHDD部会』
「部会活動報告」
部会長 株式会社 日立グローバルストレージテクノロジーズ 西村裕司

16:35〜17:15 『ヘッド・ディスク部会』
「部会活動報告」
部会代表 株式会社 日立グローバルストレージテクノロジーズ 武藤弘

「MgO障壁層を用いた二重強磁性トンネル接合における巨大磁気抵抗効果」
東北大学大学院 工学研究科 応用物理学専攻 教授 安藤康夫


2008年12月5日(金) 13:00〜17:35  開催場所:日立金属高輪 和彊館

監事部会 コンタミネーションコントロール部会

プログラム

13:00-13:10  技術委員長挨拶
         IDEMA技術委員会 委員長 (株)日立グローバルストレージテクノロジーズ 新事業推進本部 兒玉直樹

13:10-13:50  超高密度磁気記録への挑戦 -1Tb/in2を越えて-
          SRC専務理事 押木満雅

13:50-14:20  CE向けHDDの動向
          (株)東芝 ストレージデバイス事業部 商品企画部 加瀬林祐

14:20-14:40  IDEMA Japan HDDロードマップ
          IDEMA ヘッド・ディスク部会長  富士通(株)ストレージプロダクト事業本部
          ヘッド事業部 ヘッド先行開発部 小林和雄  

14:40-15:10  Mechanical demagnetization at head disk interface of perpendicular recording
          (株)日立製作所 中央研究所 磁気ディスク装置研究部 Junguo Xu

15:20-15:50  アウトガスコンタミネーション評価の標準化の動向
          (株)住化分析センター 千葉事業所 気相解析グループ 野中辰夫

15:50-16:20  Dimensional Nanometrology with Atomic Force Microscopy
          Park Systems Global sales and marketing Ryan Yoo

16:20-17:35  部会報告(各部会15分)
          1. ヘッド・ディスク部会 2. コンシューマHDD部会 3. ESDコントロール部会
      4. コンタミネーションコントロール部会 5. 車載HDD&リムーバブルHDD部会


2007年12月21日(金)  開催場所:日立金属 高輪和彊館

監事部会:ヘッド・ディスク部会


●13:00〜13:05  技術委員長挨拶

●13:05〜13:40  『CPP-GMR Heads with a Current Screen Layer for High-Areal-Density』
             日立 中央研究所 ストレージテクノロジ研究センタ 中本 一広

●13:40〜14:15  『The Vision for the Magnetic Memory Consortium
                       (Fe-MgO−Fe等TMR素子の計算事例も含む)』
             Atomistix社 Morten Stilling

●14:15〜14:50  『RWC Design Challenges for High Performance and Low Power Applications』
             Infineon Technologies Mr. Wolfgang Meier 様、浅野 秀夫(通訳兼補足説明)


●15:00〜15:35  『高記録密度ハードディスク装置に関する特許出願動向』
             特許庁 特許審査第四部 情報記録 審査官 船越 亮

●15:35〜16:10  『シミュレーションによるECC記録メディアの特性解析』
             工学院大学 電気・電子専攻 吉田 和悦

●16:10〜16:45  『Thermally Assisted Magnetic Recording using an Optical Near-Field』
             日立 中央研究所 ストレージテクノロジ研究センタ 松本 拓也

●16:45〜17:05 各部会長活動報告
             1. ヘッド・ディスク部会/2. コンシューマHDD部会
             3. ESDコントロール部会/ 4. コンタミネーションコントロール部会
             5. 車載HDD&リムーバブルHDD部会


2006年12月15日(金)
『Next50年に向けた高密度記録への挑戦とコンシューマ・アプリケーション』

開催場所:日立金属 高輪和彊館

担当:コンシューマHDD部会/監事部会:コンシューマHDD部会/実行委員:清水、田中、川越、鈴木、大津


●13:00 技術委員長挨拶

●13:05 HDD 50周年記念講演  『Technology Innovation:ハードディスクドライブ生誕50年の歩み』
IDEMA JAPAN 名誉理事 金子峻

●13:35 .Workshop1  『Head protrusion measurement with TFC function under flying state』
--HDD用ヘッド浮上時の突き出し量の測定-----
日立グローバルストレージテクノロジーズ HDD開発本部   中村 太一

●14:05
 3.Workshop2 『磁気ヘッドの微小熱突き出しシミュレーション』
富士通株式会社 ストレージプロダクト事業本部 青木 健一郎

●14:35 4.Technology & Business Presentation
『The Use of Particle Counters to Evaluate Internal Hard Drive Operations』
(Hard Drive Level Particle Counting)
Lighthouse Worldwide Solutions  Morgan Polen

●15:15 5.パネルディスカッション  『コンシューマ向けHDDの要望と課題』
セットメーカー/ドライブメーカーに別れてディスカッション

コーディネーター:堀内義章(IDEMA JAPAN)

セットメーカー:
ソニー :モバイルHDDアプリケーション担当
日本ビクター :業務用システム担当
日立 :据置型HDDアプリケーション担当
松下電器産業 :据置型HDDアプリケーション担当

ドライブメーカー:
東芝、HGST、富士通、日本シーゲイト


●16:45 6.各部会長活動報告

1.ヘッドディスク部会
2.テスト部会
3.コンシューマHDD部会
4.ESDコントロール部会
5.コンタミネーションコントロール部会


2005年12月16日(金)
『高記録密度HDDを支える評価技術とその動向』

開催場所:日立金属 高輪和彊館

実行委員 大津孝佳((株)日立GST)/鈴木隆夫((株)アイメス)/ 宮本詔文((株)日立GST)
     渡辺正博((株)日立製作所)/ 鏡味哲夫((株)NEOMAX)
     田坂健司((株)日立GST)/ 武田直樹((株)住化分析センター)


●13:00-13:10 技術委員長挨拶

●13:10-13:40 Keynote speach
"50周年を迎えるハードディスクドライブ"
(株)日立製作所 研究開発本部 研究戦略統括センタ 主管技師長 菅沼庸雄

●13:40-14:10 コンタミネーションコントロールセミナーI(ライトハウス)
"Contamination Control in Automated Disk Drive Assembly Operations"
Peter Maguire, Vice president of Asia Pasific Sales, Lighthouse Worldwide Solutions
( http://www.golighthouse.com/)

●14:10-14:40 コンタミネーションコントロールセミナーII(ライトハウス)
"Precision Cleaning and Monitoring in Data Storage Manufacturing"
Morgan Polen, Vice President of Application Technology, Lighthouse Worldwide Solutions

●15:00-15:30 "次世代高記録密度HDD開発を支援する記録再生評価技術"
(株)アイメス IMES (International Manufacturing & Engineering Service Co.,Ltd)
電子精密機器事業 HDD試験機器開発部  久野悌二
(http://www.imes.co.jp/)

●15:30-16:00 "High-resolution MFM技術と磁気記録パタン観察への応用"
SwissProbe Ltd. CTO Dr. Guido Tarrach
日本カンタム・デザイン(株) (日本代理店)
(http://www.qd-japan.com/)

●16:00-16:30 "低浮上スライダの設計・評価技術"
富士通(株)ストレージプロダクト事業本部 有賀敬治
(http://jp.fujitsu.com/)

●16:30-17:00 "垂直ヘッド対応ハイモーメント材料成膜装置"
Singulus社 Dr. Maass
(http://www.singulus.de/english/)

●17:00-17:10 ヘッド・ディスク・テスト分科会報告
●17:10-17:20 コンシューマ HDD分科会報告
●17:20-17:30 ESD/コンタミネーションコントロール分科会報告



2004年12月01日(水)
『磁気ヘッド・磁気ディスクに関する最新の技術・動向について』

開催場所:日立金属 高輪和彊館

ワークショップ担当:ヘッドディスク分科会 ESDコントロール分科会

担当分科会:ヘッド・ディスク・テスト分科会とESDコントロール分科会の合同


●13:00-13:10 技術委員長挨拶

●13:10-16:20 ワークショップ  『ヘッド・ディスクに関する最新の技術・動向について』

●13:10-13:40 「レクロイにおける最新のシリアル通信解析」 レクロイ・ジャパン(株) 福崎 達也
●13:40-14:10 「ハードディスク用面内磁気記録媒体の高記録密度化に向けた取り組み」 (株)山形富士通 岡本 巌
●14:10-14:40 「FePt規則合金薄膜のc軸配向に及ぼすFe-O下地層の効果」 日立マクセル(株)矢野 亮
●14:50-15:20 「サーマルダメージフリーTMRヘッド」 日立製作所(株) 芳田 伸雄
●15:20-15:50 「Spin-Valve GMRヘッドのマグノイズ解析」 富士通(株)秋元 秀行、石塚 俊弘、金井 均、上原 裕二、亀山 修一
●15:50-16:20 「CPP-GMR of Spin-Valve with Co-Fe Alloy」 (株)東芝 湯浅 裕美
●16:20-16:50 「垂直磁気記録ヘッド及びMRAM対応スパッタリング装置C-7100」 アネルバ(株) ダビッド ジャヤプラゥイラ
●16:50-17:20 分科会報告
(1) ヘッド・ディスク分科会 (2) テスト分科会 (3) コンタミネーション分科会 (4) コンシューマHDD分科会 (5) ESDコントロール分科会



2003年11月28日(金)13:00-
『コンシューマ向けアプリケーションやそのための各種技術について』

開催場所:日立金属 高輪和彊館

担当分科会:コンシューマHDD分科会とESDコントロール分科会の合同


●13:00-13:10 技術委員長(松崎)挨拶

●13:10-16:20 ワークショップ
『コンシューマ向けアプリケーションやそのための各種技術について』

(1) 電子デバイス製造において要求される環境制御/静電気・粒子・ケミカル汚染
      高砂熱学工業(株) 稲葉 仁
(2) サーボライト用スケールシステム
ソニー・プレシジョンテクノロジー(株) 谷口佳代子
(3) 小型HDD用耐衝撃サスペンション
TDK(株)  本田 隆
(4) 熱アシスト記録と磁性薄膜材料
日立マクセル(株)  稲葉信幸
(5)「1インチ&1.8インチHDD ? 中国メーカーの登場」
GS MAGICSTOR INC. 山崎 秀昭
(6) モバイル端末とネットワークの未来
日本エリクソン(株) 大北敦彦

●16:20-17:10
 分科会報告
(1) ヘッド・ディスク分科会
(2) テスト分科会
(3) コンタミネーション分科会
(4) コンシューマHDD分科会
(5) ESDコントロール分科会



2002年11月22日(金)13:00-

開催場所:日立金属 高輪和彊館

担当分科会: ヘッド分科会 ESDコントロール分科会

■ワークショップ

磁気ヘッドをはじめHDD各分野でのナノ領域における解析技術についてワークショップを行います。今後のヘッドテクノロジーでの必須技術である膜間界面制 御について高橋研教授(東北大学)に、磁気ヘッドにおける高周波電流計測に関し池亀弘様((株)日立製作所)、HDD分野での極微小粒子計測について一条 和夫様(リオン(株))、にご講演頂きます。

■ESDコントロール分科会キックオフ

GMRヘッド等のナノデバイスのESDコントロール技術について、デバイス設計、関連部品設計、製造装置、デバイス評価技術、組立プロセス(材料、除電等 含む)、静電気測定等のトータルソリューションの観点から、分科会メンバーよりアプリケーション提案(ドラフト提案)を頂きます。

●13:00- 技術委員長 挨拶 松崎幹男(TDK)

●13:05- ワークショップ

「BCC固溶体下地層による積層膜の面内結晶粒径の増大」東北大学 高橋研教授(40分)
「磁気ヘッドの高周波電流計測」       (株)日立製作所  池亀弘様(20分)
「HDD分野における粒子計測の現状」        リオン(株) 一条和夫様(20分)

●14:20- ESDコントロール分科会キックオフミーティング

『ナノデバイスのESDコントロールアプリケーション(ドラフト提案)』
「微小面積・微小電位測定技術」   トレックジャパン(株) 山口晋一様
「微小面積イオンバランス測定技術」 トレックジャパン(株) 山口晋一様
「微小帯電量測定技術」       春日電機(株)     鈴木輝夫様
「高周波AC除電技術」        シシド静電気(株)   永田秀海様
「電荷輸送型局所除電」       (株)コガネイ     大岩裕樹様
「静電気帯電防止材料」       呉羽化学工業(株)   西畑直光様
「GMR/TMR磁気ヘッドのESD評価」   東京電子交易(株)   磯福佐東至様
「GMRヘッド用プリアンプ」     (株)日立製作所    吉澤弘泰様

●17:00- 技術委員会報告

ディスク、ヘッド、テスト、コンシューマHDD、コンタミネーションコントロール分科会(各5分?10分程度)



2002年6月28日(金)13:00- 

開催場所:日立金属 高輪和彊館

ワークショップ担当:テスト分科会

総合司会:テスト分科会会長 飯田大樹(レクロイジャパン株式会社)

●13:00- 技術委員長 挨拶 松崎幹男 (TDK)

●13:10- ワークショップ/Intermag レポート
@(株)日立製作所 中央研究所・ストレージ研究部・STR分室 分室長 主任研究員 中本一広 様
「100Gbit/in2垂直記録用磁気ヘッド」
A(株)富士通研究所 ストレージシステム研究所 磁気ディスク先行研究部 部長 田中厚志 様
「高感度CPP素子開発」
B(株)東芝 研究開発センター 記憶材料・デバイスラボラトリー 室長 工学博士 内藤勝之 様
「自己組織化とナノインプリントを組み合わせたディスク状パターンドメディアの試作」

●14:40-  Coffee break

●15:00-15:30 (特別講演)
財団法人 日本電子部品信頼性センター 調査研究部長(工学博士) 塩野登 様
「RCJにおけるESD活動」

●15:30-  メーカー/テクニカル プレゼンテーション
@株式会社メディア研究所 技術顧問 徳島忠夫 様
「接触式騒音測定機 ?HDD分野への応用?」
A日本エー・ディー・イー株式会社 計測システム部部長 伊藤幹雄 様
「精密振動測定システム&精密変位計システム」
B三洋電機株式会社 デジタルシステム研究所 工学博士 日置敏昭 様
「iVDRリムーバブルHDDとコンソーシアム活動の紹介」

●17:00- 技術委員会報告
ディスク、ヘッド、テスト、コンシューマHDD、コンタミネーションコントロール分科会
(各5分?10分程度)



2001年11月22日(木)13時-

総合司会:ディスク分科会会長 小林光男(富士電機総合研究所)

●13:00- 技術委員長 挨拶 松崎幹男 (TDK)

●13:10- ワークショップ

@(株)富士通研究所 磁気ディスクテクノロジ研究部 主任研究員  岡本 巌 様
「フェリ結合媒体の熱ゆらぎ耐性と高密度記録特性」
ATDK(株)情報技術研究所 青山 勉 様
「パターン媒体の作製方法」
Bソニー(株) RMC・開発部門・ディスク開発部 課長 内山 浩 様
「プラスチックハードディスク」

●14:40- Coffee break

●15:00- メーカープレゼンテーション

@三井・デュポンフロロケミカル(株) バートレル(R)事業部 菊地秀明 様
「バートレル(R)特殊溶剤のHDDコンポーネントでの適用」
A住友スリーエム(株) 化学製品事業部マーケティング部  矢ノ目秀利 様
「溶剤がHDIに与える影響及びHDIに影響を与えるコーティング剤」
B(株)メディア研究所 真空装置部 加藤隆光 様
「超薄膜30Åの密着強度測定方法について」
Center For Tribology社製
Universal Micro Tribometer(トライボメータ)」

●16:30- 技術委員会報告 ディスク、ヘッド、テスト、コンシューマHDD、コンタミ分科会(各10分)


2001年6月8日(金)13時-

開催場所:日立金属 高輪和彊館

総合司会:小林和雄(富士通研究所)

●13:00-13:10 技術委員長(TDK松崎)挨拶
●13:10-15:10 ワークショップ 4件(発表25分+QA5分)
富士通研究所 ストレージシステム研究所 磁気ディスクテクノロジ研究部
Jongill Hong様, Junichi Kane様, Kenji Noma様, Junichi Hashimoto様,Hitoshi Kanai様
「Specular spin valve and its head」

日立中研 伊藤顕知様, 荒井礼子様, 目黒賢一様, 早川純様, 五島滋男様, 楠川喜久雄様、古門聡士様、渡辺克朗様
日立日立研 平野辰己様、 日立基礎研 市村雅彦様
「低抵抗TMR膜のキャラクタリゼーションと低抵抗化の限界について」

富士通研究所 ストレージシステム研究所 磁気ディスク先行研究部
瀬山喜彦様、長坂恵一様、清水豊様、田中厚志様
「スピンバルブ膜を用いたCPP素子のGMR特性」

TDK株式会社 記録技術開発センター 磁気デバイス開発部 主査 添野佳一 様
「マイクロアクチュエータ」

●15:10-15:30 Coffee break

●15:30-16:50 メーカープレゼンテーション 2件(発表30分+QA10分)
アネルバ 第3装置事業推進部 先端装置グループ 恒川 孝二 様
「磁気ヘッド用スパッタリング装置」

丸文 科学機器部 伊山 進一(すすむ)様
「エピオン社・Ultra Smoother US50XP」

●16:50-17:00 IDEMA新分科会からのお知らせ ソニー 渕上祥児 コンスーマHDD分科会長
●17:00-17:40 技術委員会報告 ディスク、ヘッド、テスト、コンタミ分科会(各10分)


2000年11月02日(木)午後 1:00-7:30
「最新スピンスタンドの技術動向」

開催場所:日立金属 高輪和彊館

技術委員長:吉岡伸晃、副委員長:松崎幹男

分科会長:高木 均(テスト分科会)、小林和雄(ヘッド分科会)、渡辺正博(ディスク分科会)、藤本敏夫(コンタミネーションコントロール分科会)

Co:八田秀明(テスト分科会)、鈴木隆夫(テスト分科会)、六本木哲也(ヘッド分科会)、畠源七(ディスク分科会)

総合司会:高木 均(協同電子システム)


●13:00-13:10 技術委員長挨拶(NEC吉岡)
●13:10-15:10 ワークシップ(発表4件、各30分)
・Dover Instruments
・キヤノン販売
Axsys Technology(NEC三栄)573KB
日本スパイダー・システム146KB
●15:10-15:30 Coffee Break
●15:30-16:30 ワークショップ(発表2件、各30分)
TTi(日本ADE)4146KB
協同電子システム2689KB
●16:30-17:10 分科会活動報告(10分×4分科会)
●17:10-17:30 パネルディスカッション(Q&A) 司会 八田秀明(アジレントテクノロジー)



2000年6月9日(金)午後 1:00-7:30
「清浄度管理・分析評価」

開催場所:日立金属 高輪和彊館 
技術委員会委員長:吉岡伸晃

各分科会会長:小林和雄、鈴木隆夫、渡辺正博、藤本敏夫

co-畠山耕一、杉本博幸

IEMA事務局:山本明子

総合司会:藤本敏夫(東芝)

●13:00-13:10 技術委員長(NEC吉岡)挨拶

●13:10-15:10 ワークショップ 3件(発表30分+QA10分)

三菱化学(株) 加工商品研究所 鷺坂 功一様
「カーボンナノチューブ複合樹脂による新規静電防止部品
‐ヘッドケース他の周辺部材用」

メディア研究所 前川 貢 様
「次世代メディア搬送容器他の紹介」

(株)島津製作所 表面・半導体事業部 高田 知弘也様
「最新の検査・分析技術ソリューション?ヘッド、
ディスクを中心に」

●15:10-15:30 Coffee break

●15:30-16:10 ワークショップ 1件

アルバックファイ(株) 分析室長 星 孝弘様
「表面分析法を用いたヘッドディスクの測定事例
?TOF-SIMSを中心に」

●16:10-16:30 USA Standard Committee活動状況報告

●16:30-17:20 技術委員会報告 ディスク、ヘッド、テスト、コンタミ、用語集委員会 (各10分)

●17:30-19:30 用語集出版記念パーティー(懇親会)



1999年11月5日(金)午後 1:00-7:30

開催場所:日立金属 高輪和彊館 
総合司会:渡辺正博(日立製作所)

●1:00-1:05 委員長挨拶

●1:05-4:20 ワークショップ「磁気記録の限界」

(1) 「将来の高記録密度、高速回転におけるAl媒体の極限設計」
富士電機 媒体第二開発部 部長 大月 章弘様
(2) 「磁気ディスク用基板ガラスの高性能化の現状と今後」
HOYA株式会社 R&Dセンター ガラス技術開発PJリーダー
鄒 (シュウ) 学禄様
(3) 「HDDにおける熱揺らぎ現象のマネジメント」
東芝 光・磁気ストレージ開発センター 開発第一部グループ長 田中陽一郎様

●3:05-3:20 - Coffee Break -

(4) 「非晶質RE?TMを用いた光アシスト垂直磁気記録」
シャープ株式会社 基盤技術研究所作所 片山博之様
(5)「光記録と磁気再生を融合するための試み」
日立製作所 中央研究所 根本 広明様

●4:40-5:20 各分科会活動状況報告
(ヘッド、テスト、ディスク、コンタミの順に各10分)

●5:20-5:30 用語集編集委員会報告



1999年6月18日(金)午後 1:00-7:30

開催場所:日立金属 高輪和彊館
総合司会:小林和雄(富士通)

●1:00-1:05 委員長挨拶

●1:05-4:10 ワークショップ「GMRヘッド」

(1)「積層フェリピンド層とPtMnを用いたスピンバルブ」
アルプス電気 磁気応用事業部グループマネジャー 長谷川直也様
(2)「電極オーバーラップ型GMRヘッドの再生特性」
日立製作所 中央研究所 中本一広様
(3)「PdPtMn/CoFeB積層フェリピン・スピンバルブヘッドと20 Gbit/in2記録」
富士通 ファイル研究部課長 金井均様
(4)「アドバンストスピンバルブGMR」
東芝 研究開発センター技監 佐橋政司様

●3:25-3:35 - Coffee Break -

(5)「ESD現象の基本的なとらえ方」
インパルス物理研究所 本田 昌實様

●4:10-4:40 米国IDEMA Standards Committee報告 米国IDEMA Seth Ayers

●4:40-5:20 各分科会活動状況報告
(ヘッド、テスト、ディスク、コンタミの順に各10分)

●5:20-7:30 懇親会



1998年11月6日(金)

議題
ワークショップ「ESD対策とコンタミネーションコントロール」
クリーンルームでの静電気問題対応 藤江明雄氏(カイジョ?)
1.日本の電子工業における静電気問題概要
2.半導体デバイスの各種ESD耐性試験法とMR/GMRセンサの試験法
3.クリーンルームでの静電気発生機構について
4.微細化・高密度化設計の進展とコンタミネーション問題
5.製造における静電気環境監査用「三種の神器+1」と活用法
6.見落としやすい静電気問題
クリーンルームのESD対策およびMRヘッドの標準的試験方法について
内尾輝朗氏、森島一氏(マツボー)
EPIX微量ガス除去フィルターについて 関口英明氏 (荏原製作所)
ディスクカセットの効果的な洗浄方法 深沢信司氏 (荏原製作所)
ディスク部品の流水洗浄 菅井淳一氏(スピードファムクリーンシステム)
液体中の粒子計測 一条和夫氏(リオン)
各分科会活動状況報告
(コンタミ、テスト、ヘッド、メディアの順に各10分)



1998年6月19日(金)

1.全体会議: 1.00-3.00
1?1 委員長挨拶(5分)
1?2 各分科会活動状況報告(各10-20分):分科会委員長又は適任者
コンタミ、カタログスペック、ヘッド、テスト、ディスクの順
1?3 米国の標準化活動状況報告(40-60分):Seth Ayers:(IDEMA USA)
1?4 意見交換(新しい提案等)
2.ワークショップ:3.15-5.15
2?1 プラスチックディスクの現状:伊藤 努課長
(ソニー、仙台テクノロジーセンター)
2?2 ガラスセラミックス基板の技術動向:石岡順子氏
(オハラ, R&Dセンター)
2?3 高精度プレス成型用金型とこの金型で成形されたハードディスク用
ガラス基板:坂本恭章社長 ザーティックエンジニアリング)



1997年11月28日(金) 13:00-19:00

第一部 合同委員会

●13:00-13:20 委員会報告 岡村委員長
●13:20-14:45 各分科会経過トピック報告
各分科会委員長 (ヘッド、テスト、ディスク、コンタミ、カタログ)

第二部 ワークショップ テーマ:PRML信号処理、性能測定

●15:00-16:00
「NLTSの測定法とその問題点」
梅田 巳三雄氏(日本テクノビュート株式会社)

●16:00-17:00
"The Estimation Method of PRML including both principle and theory"
Alexy Dimoshenko氏(Guzik Technical Enterprises)

第三部 懇親会

ページTopへ

IDEMA JAPAN (日本HDD協会) 
〒105-0003 東京都港区西新橋2-11-9 ワタルビル6階  地図
 E-mail :info@idema.gr.jp
(c) 2009 IDEMA JAPAN All Rights Reserved