ESDコントロール部会
HOME > 技術委員会 開催案内 > ヘッド・ディスク部会

次回開催予定

1.部会開催日時 2016年4月15日(金) 14:30〜    

2.開催場所  ワタルビル6F IDEMA JAPAN 会議室
          東京都港区西新橋2-11-9 地図  http://www.idema.gr.jp/office/map.html

【ヘッド・ディスク部会開催ご案内】

ヘッド・ディスク部会各位

平成28年3月28日
IDEMAヘッド・ディスク部会 会長 小林 和雄

 部会の委員各位におかれましては、常にかわらぬ活動へのご協力を感謝いたしております。
今回も、ヘッド・ディスク部会を下記の通り持たせて頂きます。

 これまで、今後の部会の活動について議論致しました結果、SMRを含めてHAMRやMAMR等の
将来技術について調査して行こうということになりました。前回、今後の部会の進め方に関し議論した
結果、現在の一番の問題としては、高記録密度記録媒体ができないことが上げられました。
HAMRやMAMRと言っても記録媒体ができなければ高記録密度の達成は不可能だと思われます。
今回も今後の部会の進め方に関し議論したいと思います。皆様の積極的な御参画をお願い致します。

 会場の都合上、2016年4月13日(水)までにご出席のご連絡を
三浦(miura@idema.gr.jp)までお願い致します。
(期限前でも定員に達した場合は申込みを締切らせていただきます)

3.議題

14:30〜15:00 部会

・ヘッド・ディスク部会今後の部会活動および高記録密度化技術についての議論
・連絡事項

15:00〜17:10 ワークショップ

「正方晶FeCo基合金薄膜の合成と一軸磁気異方性」(秋田大学退官記念)(40分)
   秋田大学 特任教授 石尾 俊二 様

休憩(10分)

「超音波を用いたコンタクトHDIの提案」(40分)
   産業技術総合研究所 スピントロニクス研究センター 招聘研究員 田丸 慎吾 様

「ホログラフィックデータストレージにおけるディスク媒体を用いた大容量情報記録システム」(40分)
   東京理科大学 基礎工学部 電子応用工学科 教授 山本 学 様

17:10〜 18:00 簡単な懇親会


これまでの部会

2016年1月22日(金) 14:00〜17:10 

【議題】
14:00〜14:30 部会
・「ヘッド・ディスク部会」今後の部会活動についての議論
・データ復旧部会連絡事項

14:30〜17:10 ワークショップ
「MRAM向け磁気抵抗素子の作製技術」(45分) 東京エレクトロン株式会社 開発企画室 前原 大樹 様
「高スピン偏極率垂直磁化MTJと逆磁歪効果利用STT書込みへの挑戦」(45分)
東京工業大学 大学院理工学研究科 電子物理工学専攻 教授 中川 茂樹 様
「データ復旧サービスと復旧技術について」(講演:35分、質疑応答:25分)
「データ復旧サービスについて」
部会長 AOSリーガルテック株式会社 取締役 春山 洋 様
「データ復旧技術 論理障害編」 副部会長 株式会社アドバンスドテクノロジー 代表取締役 金田 龍介 様
「データ復旧技術 物理障害編」 株式会社LIVEDATA 代表取締役 堤 充史 様

17:10〜 18:00 簡単な懇親会


2015年10月2日(金) 14:30 〜17:00

【議題】
14:30〜15:00 部会
・「ヘッド・ディスク部会」の部会の名称について
・連絡事項

15:00〜17:00 ワークショップ
「ノンローカルスピンバルブに適した高スピン分極材料の開発」(55分)
(株)東芝 研究開発センター 参事 岩崎 仁志 様
「強磁性トンネル素子用スピネルバリア研究の現状と展望」(55分)
物質・材料研究機構 主任研究員 介川 裕章 様

17:00〜18:00 簡単な懇親会


2015年7月1日(水) 14:20 〜17:00    

【議題】
14:20〜16:30 ワークショップ
「高密度記録を目指した光スイッチング磁石とイプシロン型-酸化鉄」(60分)
東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 教授 大越慎一 様
「二次元磁気記録(TDMR)の実現と課題」(60分)
愛媛大学大学院 理工学研究科 電子情報工学専攻 教授 岡本好弘 様
16:30〜17:00 部会
・TDMRに関する議論
・連絡事項

17:00〜 18:00 簡単な懇親会(ワタルビル6F IDEMA JAPAN 会議室)


2015年4月3日(金) 13:30〜17:10

ESDコントロール部会と合同開催です
詳細はESDコントロール部会のwebよりご案内いたします


2015年1月16日(金) 13:30〜17:00

【議題】
13:30〜13:55 部会
・「SMR, HAMRやMAMR等の将来技術について現状および発表のまとめと整理」に 関する
今後の活動についての議論。先ず、SMRと関連の深いTDMRから取りかかる予定です。

14:00〜16:55 ワークショップ
「2015年・多様化するストレージと成熟化するHDD市場動向」(60分)
   IDEMA Japan 協賛会員 HORI Technology Office ストレージアナリスト 堀内 義章 様

「スピントルクによる自励発振の物理」(60分)
   産総研 ナノスピントロニクス研究センター 理論チーム 研究チーム長 今村 裕志 様
「DISK用レーザ表面形状検査機」(45分)
   株式会社コアシステム 代表取締役 小埜寺 正臣 様

16:55〜18:00 簡単な懇親会(ワタルビル6F IDEMA JAPAN 会議室)


2014年11月14日(金) 14:00〜17:00

【議題】
14:00〜14:50 部会
・「SMR, HAMRやMAMR等の将来技術について現状および発表のまとめと整理」に関する
今後の活動についての議論。先ずSMRから取りかかる予定です。

15:00〜17:00 ワークショップ
「Signal Processing Technology in Hard Disk Drives」(60分)
株式会社 HGSTジャパン サイトシニアマネジャー 武藤 弘 様
「希土類・遷移金属合金を用いた磁性細線における電流磁壁駆動の基礎検討」(60分)
豊田工業大学大学院 工学研究科 教授 粟野 博之 様

17:00〜 18:00 簡単な懇親会(ワタルビル6F IDEMA JAPAN 会議室)


2014年7月11日(金) 14:00〜17:00

【議題】
14:00〜14:30 部会
・「HAMRやMAMR等の将来技術について現状および発表のまとめと整理」
 に関する今後の活動についての議論

14:30〜17:00 ワークショップ
「All-metallic non-local spin-valves using polycrystalline CoFeMnSi Heusler alloy with large output」(50分)
   株式会社 東芝 研究開発センター 研究主務 白鳥 聡志 様 **当日の配布資料はございません**
「磁気テープ媒体の動向」(50分)
   富士フィルム株式会社 記録メディア事業部 立川 篤 様
「4K対応含むiVDRの概要について」(50分)
   株式会社 HGSTジャパン 新事業推進本部 PSプログラムマネジメント部 部長 助田 裕史 様

17:00〜 18:00 簡単な懇親会(ワタルビル6F IDEMA JAPAN 会議室)


2014年4月4日(金) 14:30〜17:00

【議題】
14:30〜15:00 部会
・今後の活動についての議論
15:00〜17:00 ワークショップ
「大きな垂直磁気異方性を持つCoフェライト薄膜の成長と特性〜新しい磁気記録媒体の提案 〜」(60分)
筑波大学 数理物質系物理工学域 教授 喜多 英治 様
「Development of Helium Sealed Drive : A Storage Platform for the Future 」(60分)
株式会社 HGSTジャパン 製品企画部 主管技師 木下 尚行 様

17:00〜 18:00 簡単な懇親会 (ワタルビル6F IDEMA JAPAN 会議室)


2014年1月10日(金) 14:00〜17:00

【議題】
14:00〜16:55 ワークショップ
「2014年のHDD業界展望」(50分)
HORI Technology Office ストレージアナリスト 堀内 義章 様
「高TPI記録に対応したサイドシールドつきReaderの検討」(40分)
TDK株式会社 HDDヘッド開発グループ Reader設計Team Section2 出川 直通 様
休憩(15分)
「8 Tb/in2級熱アシスト記録向け磁気記録媒体」(30分)
株式会社 日立製作所 中央研究所 先端ストレージ研究部 主任研究員 牛山 純子 様
「Spin torque oscillation in microwave assisted recording heads」(40分)
株式会社 東芝 主任研究員 山田 健一郎 様

17:00〜 18:00 簡単な懇親会


2013年9月27日(金) 14:30〜17:00

【議題】
14:30〜16:30 ワークショップ
「スピン注入型空間光変調器」(60分)  NHK放送技術研究所 専任研究員 町田 賢司 様
共著者:青島賢一*1、三科智之*1、加藤大典*1、金城秀和*1、
久我淳*1、菊池宏*1、石橋隆幸*2、清水直樹*1
(*1 NHK放送技術研究所 *2 長岡技術科学大学)
「高周波アシスト磁気記録方式の計算機による特性予測」(60分) 工学院大学 名誉教授 吉田 和悦 様

16:30〜17:00 MAMRに関するディスカッション
17:00〜18:00 簡単な懇親会


2013年7月5日(金) 14:00〜17:00 定員に達しましたので受付を締め切ります(7/2)

【議題】
14:00〜14:50 部会
・TAMRに関するWGの設立
・今後の部会の活動
15:00〜17:00 ワークショップ
「HDD用 Dual Stage Actuatorについて」(60分)
  日本発条株式会社 DDS生産本部開発部 部長 半谷正夫 様
「超低抵抗MgO-MTJ素子の作製技術」(60分)
  キヤノンアネルバ株式会社 プロセス開発部 プロセス開発11課 課長 永峰佳紀 様
17:00〜 18:00 簡単な懇親会


2013年2月15日(金) 13:30〜17:00

【議題】
13:30〜14:50 部会
・ロードマップ最終版
・TAMRに関するWGの設立
・今後の部会の活動
15:00〜17:00 ワークショップ
「磁気ディスク装置における流体加振力低減のためのキャリッジ構造に関する研究」(60分)
関西大学 システム理工学部 機械工学科 准教授 小金沢 新治 様
「スピントルク発振素子型磁気ヘッドによる高密度磁気記録」(60分)
株式会社 東芝 研究開発センター フロンティアリサーチラボラトリー 室長 佐藤 利江 様
17:00〜 18:00 簡単な懇親会


2012年11月13日(火) 13:30〜17:00 【会場変更】

【議題】
13:30〜14:50 部会(ワタルビル1F会議室)
・ロードマップの改版
・用語辞典の増補
15:00〜17:10 ワークショップ(ワタルビル1F会議室)
「磁気ディスク用ガラス基板の加工」(40分)
HOYA株式会社 MD部門 サブストレート要素技術開発部 マネジャー 片桐 誠宏 様
「Shingle記録におけるオフトラック特性のシミュレーション」(40分)
有賀リサーチLLC 代表 有賀 敬治 様
「面内スピンバルブ構造によるスピン流の生成と検出」(50分)
東京大学 物性研究所 ナノスケール物性研究部門 大谷研究室 博士課程2年 井土 宏 様
17:10〜 18:00 簡単な懇親会(IDEMA JAPAN 6F会議室)


2012年6月22日(金) 13:30〜17:00

【議題】
13:30〜14:50 部会
・ロードマップの改版
・用語辞典の増補
15:00〜17:00 ワークショップ
「HDD用ヘッド技術の現状と今後の展望」 (60分)
TDK株式会社 ヘッドビジネスグループ 主幹 野口潔 様
「磁性細線上に導入したくぼみ状トラップサイトによる磁気特性変化」(60分)
日本放送協会 放送技術研究所 撮像・記録デバイス 副部長 宮下英一 様
17:00〜 18:00 簡単な懇親会


2012年2月17日(金) 13:30〜17:00

【議題】
13:30〜14:50 部会
・ロードマップの改版
・部会長について
15:00〜17:00 ワークショップ
「高Ku磁性薄膜の形成基礎技術と磁気力顕微鏡の高分解能化に関する研究
(a) FePt, FePd, CoPt, CoPdエピタキシャル薄膜の構造と磁気特性
(b) Co, Fe-B薄膜被覆によるMFM探針の高分解能化」 (70分)
   中央大学理工学部 教授 二本正昭 様
「ホログラフィックストレージの並列信号処理技術」(50分)
   NHK放送技術研究所 表示・機能素子研究部 専任研究員 木下延博 様
17:00〜 18:00 簡単な懇親会


2011年10月7日(金)13:30 〜

【議題】
13:30〜15:20  部会
・合同部会【12月2日(金)】の内容検討
・ロードマップの改版
15:30〜17:00  ワークショップ
「マイクロ波アシスト記録用スピントルクオシレータの検討」 (45分)
   富士通株式会社 次世代テクニカルコンピューティング開発本部
アプリケーション開発統括部 プリンシパルエンジニア 上原裕二 様
「2.5Tb/in2級のMR性能を有するナノコンタクト磁気抵抗効果素子」(45分)
   株式会社東芝 研究開発センター 参事 岩崎仁志 様
17:00〜 18:00  簡単な懇親会


2011年6月24日(金)13:30〜17:00
【議題】
13:30〜14:50  部会
・DTM, BPM-WGの今後の活動について
・ロードマップの改版
15:00〜16:50  ワークショップ
「RFマグネトロン・スパッタリング法で作製した
MgO障壁層MTJのMgO結晶配向性と高エネルギー負イオンとの関係」 (50分)
   株式会社アルバック 筑波超材料研究所 裾野分室 磁性構造研究室  主事 小野一修 様
   共同発表者 大嶋則和2, 後藤和也3, 森田正1, 木下啓藏2, 石島達夫3, 豊田浩孝3
      (1アルバック, 2NEC, 3名古屋大)
「差動型再生ヘッドの高分解能実証と特性解析」(50分)
   日立製作所 中央研究所 エレクトロニクス研究センター 磁気記録研究部  椎本正人 様
17:00〜 18:00 簡単な懇親会


2011年2月18日(金)13:30〜17:00 
【議題】 13:30〜14:50 部会
               ・今後の部会活動について ロードマップの改版等
               ・DTM, BPM-WGの今後の活動について
     15:00〜17:00 ワークショップ
               「Error Recovery with RS-less ECC」(40分)
               Marvel Japan 佐藤 直喜 様
               「MgAl2O4スピネルバリア層を用いた強磁性トンネル素子の開発」(40分)
               (独)物質・材料研究機構 磁性材料センター スピントロニクスグループ 介川 裕章 様
               「ディスク、ウェーハ、石英ガラスの研磨」(40分)
               浜井産業株式会社 技術部 専任部長 杉下 寛 様
     17:10〜18:10 簡単な懇親会


2010年11月2日(火)15:00〜17:00
日 時:2010年11月2日(火)15:00〜17:00
場 所:IDEMA会議室
議 題:・ヘッドディスク部会の方向性に関する検討結果
     ・部会長について
     ・合同技術部会への対応
     ・その他


2009年11月27日(金)13:30〜18:00  開催場所 :LEN貸会議室「西新橋」
内 容:
■部会 13:30〜14:40
(1)新部会長挨拶
(2)設備WG活動報告
■ワークショップ 14:50〜17:00
(1)「熱アシスト磁気記録の導光構造」14:50〜15:30(40分)
セイコーインスツル株式会社 技術本部 主任 平田 雅一様
(2)「Shingled writingによるトラック密度向上効果」15:30〜16:10(40分)
東北大学 電気通信研究所 助教 三浦 健司様
(3)「周波数変調型・磁気力顕微鏡の開発と記録ヘッドの交流磁場計測への応用」 16:10〜17:00(50分)
秋田大学 工学資源学部 附属環境資源学研究センター 教授 斉藤 準様
(秋田大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー長・兼務)


2009年9月18日(金)13:30〜18:00  開催場所 : IDEMA JAPAN 事務所

内 容:
■部会 13:30〜14:30
(1)部会長挨拶(部会長 武藤)
(2)設備WG(WGリーダ 樋口様)
■ワークショップ
(1)「磁気光学効果を用いた磁気特性測定装置」14:30〜15:10(40分)
ネオアーク株式会社 エグゼクティブ フェロー 赤羽浩一様
-- 休憩 -- 15:10〜15:30
(2)「イオン注入法によるソフト/ハード複合媒体」 15:30〜16:10 (40分)
HOYA株式会社 MD事業部 次世代メディア開発PJ 安仁屋政憲 様
(3)「マイクロ磁化解析ツールの紹介 - 新規LLGシミュレータ -」16:10〜16:50(40分)
富士通株式会社 次世代テクニカルコンピューティング開発本部
アプリケーション開発統括部 清水香壱様、部長 上原裕二様


2009年6月19日(金)  開催場所:5東洋海事ビル

内 容:
■ 部会 13:30〜15:00
(1) 部会長挨拶(部会長 武藤)
(2) IDEMA標準化手続きの改訂について(IDEMA理事 押木様)
(3) 設備WG(WGリーダー 樋口様)

■ ワークショップ 15:00〜17:00
(1) DTM・BPM対応モールド・スタンパー・メディア表面外観検査装置   Micro-MAX VDM-5000 について(40分)
有限会社田中機販 東京営業所 技術営業部長 中川健二 様
(2) 垂直異方性マスター媒体を用いた垂直磁気転写 + INTERMAG 2009概況報告(40分)
茨城大学 工学部 メディア通信工学科 教授   杉田龍二 様
(3) Shingle-Write Technology and Gain Estimation(40分)
日立GST 2.5型プロダクト本部 シニアプロダクトマネジャー   田河育也 様


2009年2月13日(金) 13:30-18:30  開催場所:IDEMA JAPAN 会議室

13:30〜14:30  分科会

DTM, BPM-WG
今後何をしたら良いかのフランクな議論をまず行ないたいと思います。
細かい技術の議論ではありませんので、ディスク、テスター、ヘッド、ドライブの各メーカーの方々に
是非参加頂きたいと思います。

14:30〜17:10  ワークショップ

「LLGシミュレーションによるマイクロ波アシスト磁化反転の検討」 (40分)
日立製作所 中央研究所 ストレージ研究センター 主任研究員  五十嵐 万壽和 様

 「マイクロ波アシスト記録用高周波発振素子の発振特性に関する
計算機シミュレーションによる検討」
(40分)
工学院大学 電気・電子専攻 教授  吉田 和悦 様

「Dimensional Nanometrology with Atomic Force Microscopy」(40分)
パーク・システムズ・ジャパン株式会社ゼネラルマネージャー  杉浦 眞佐様

「高異方性磁界を有するRu/FeCoB裏打ち軟磁性膜上の
CoPtCr-SiO2垂直グラニュラー媒体の作製」
(40分)
東京工業大学 大学院理工学研究科 准教授  中川 茂樹様


2008年11月21日(金)  開催場所 : IDEMA事務所 

課題
13:30〜15:00 部会

【DTM, BPMに向けて何をなすべきかの議論】
元ヘッド・ディスク副部会長で元IMES社の小野さんから、DTM、BPMの量産用テストシステムの最小限の共通仕様を早急に策定する必要があるのではないか、との提案がなされており、今後何をしたら良いかのフランクな議論を行ないたい。細かい技術の議論ではないため、ディスク、テスター、ヘッド、ドライブの各メーカーの方々に是非参加頂きたい。

15:00〜17:00 ワークショップ

「磁気コンプトンプロファイルで波動関数の対称性を測る〜垂直磁化膜」 (30分)
JASRI/SPring-8 主任研究員 櫻井 吉晴 様

「磁気コンプトンプロファイルで波動関数の対称性を測る〜Fe/MgO人工格子界面の電子状態」(20分)
群馬大学工学研究科生産システム工学専攻 本間 慧 様

「次世代信号処理方式Channle LSIの開発」(30分)
株式会社シグリード 代表取締役社長 江角 淳 様

「CrPt3規則合金を用いたイオン照射型ビットパターンド媒体」(40分)
名古屋大学 准教授 加藤 剛志 様、山内幸大,岩田聡,綱島滋,松本幸治*,森河剛*, 尾崎一幸** 様
(*山形富士通,**富士通研)


2008年9月5日(金)13:30 〜17:00  開催場所:IDEMA事務所

議題 
13:30〜15:00 分科会
・ ロードマップの改版

15:00〜17:00 ワークショップ
「裏打ち軟磁性層用FeCoB薄膜の高異方性磁界と結晶子歪み」 (40分)
東京工業大学 大学院理工学研究科 中川 茂樹,平田 健一郎,松鵜 利光,橋本 篤人 様

「Nonlinearity of thermal spacing control in hard disk drives」(40分)
富士通 ストレージプロダクト事業本部 磁気ディスク事業部 先行技術開発部 青木 健一郎 様

「Spin RAMの現状と将来(仮題)」(40分)
東芝梶@研究開発センター LSI基盤ラボラトリ- 與田 博明 様


2008年6月20日(金)13:00〜  開催場所: IDEMA事務所

議題
13:00〜15:00 部会

・ロードマップの改版

15:00〜17:00 ワークショップ

「パターンドメディア向けEBマスタリング装置 CEBR-3000について」 (40分)
株式会社クレステック マーケティング部 部長 二田英之 様

「マイクロ波アシスト磁化反転のダイナミクスならびに熱揺らぎ」(40分)
東北大学 多元物質科学研究所 岡本 聡 准教授,菊池 伸明,北上 修 様

「CoMnSiホイスラー合金薄膜の物性とCPP-GMR素子の電気輸送特性」(40分)
TDK梶@SQ研究所 水野友人 様


2008年2月8日(金)  開催場所:発明会館 7階 会議室

議題

13:00〜15:00 部会
・ ロードマップの改版

14:40〜17:00 ワークショップ
「磁性発振素子の位相雑音」 (40分)
東芝リサーチ・コンサルティング(株)シニアフェロー 水島 公一 様

「CoCrPt-SiOx垂直磁気記録媒体の組成構造解析」(40分)
中央大学 理工学部 教授 二本 正昭 様

「磁気記録チャネル用信号処理方式の研究経過と今後の展望」(40分)
豊田工業大学 大学院工学研究科 教授 三田 誠一 様


2007年11月16日(金)13:00-   開催場所:TKP新橋会議室

議題
13:00-14:35 部会
・ストレージ用語辞典改編  追加の新語分担
・ロードマップの改版

14:40-17:00 ワークショップ
「Mn-Ir/Co-Fe積層膜の交換磁気異方性に及ぼすスパッタガス種の影響」 (35分)
アルバック 筑波超材料研究所 磁性構造研究部 主事補 今北 健一 様
「Charenge of High Density Magnetic Recording from Signal Processing」(35分)
Marvel Semiconductor Zining Wu様, and Marvel Japan 佐藤直喜 様
「計測器メーカから見た新記録技術対応への課題と施策」(35分)
アイメス 先進製品事業部 事業部長 小野 裕幸 様
「カレントスクリーン型CPP-GMRヘッドにおけるスピントルクノイズの形状異方性効果」(35分)
日立製作所 中央研究所 ストレージ・テクノロジー研究センタ 椎本 正人 様


2007年8月3日(金) 開催場所: TKP新橋会議室

議題

13:30-14:40 分科会
・設備WG
・ストレージ用語辞典改編
追加の新語注出等

14:45-17:00 ワークショップ

「垂直磁気記録媒体のシミュレーション解析」 (45分)
電気通信大学 電気通信学部 情報工学科 准教授 仲谷 栄伸 様

「Characterazations on the polycrystalline CoFeB/MgO/CoFeB-based magnetic tunnel junctions」(45分)
Canon ANELVA, Electronic Devices Engineering Headquarters, Engineering Division 2, Specialist,
Young-suk Choi様

「RWC Design Challenges for High Performance and Low Power Applications」(45分)
Infineon, ADS/AIM, Sr. Business Development Manager Wolfgang Meier
インフィニオンテクノロジーズ ADS 部長 浅野 秀夫 様


2007年5月18日(金)   開催場所:発明会館 7階会議室 

議題

13:30-15:00 分科会

・設備WGの発足

・ストレージ用語辞典改編
追加の新語注出等

15:00-17:00 ワークショップ

「SIL型光アシスト磁気記録素子の検討」 (40分)
ソニー株式会社 マテリアル研究所 光メディア研究部 ニューデバイスマネージャー 小島 直人 様

「磁気ディスク用LDPC符号化方式」(40分)
(株)富士通研究所 自律システム研究部 金岡 利知 様

「ASML社の露光技術(仮題)」(40分)
日立ハイテクノロジーズ 半導体製造装置営業統括本部 プロセス製造装置営業本部 専門部長 瀬川 幹雄 様


2007年2月9日(金)   開催場所:発明会館 7階 会議室

議題
13:00-14:00 分科会

・ストレージ用語辞典改編
全体説明、追加の新語注出等

14:00-17:00 ワークショップ

「ニコンのImmersion Technology (液浸露光)」 (50分)
株式会社 ニコン 精機カンパニー 開発本部 第三開発部 第一開発課 主幹 金子 亮一 様

「Effect of molecular structure of PFPE lubricant on interaction at HDI in near contact operation」(50分)
Komag Inc.. (Japan Office) テクニカルサポート 坂根 康夫 様

「紫外線による表面改質技術とHDメディア潤滑剤の接着改善」(50分)
セン特殊光源株式会社 代表取締役社長  菊池 清 様

「「L12型規則合金MnIrの形成とMgOバリアTMR素子への応用」(30分)
富士通 SP事業本部 ヘッド事業部 ヘッド先行開発部 駒垣 幸次郎 様



2006年11月2日(木)   開催場所:  虎ノ門 発明会館 7階会議室

議題

13:30-14:30 分科会

・微小スライダーの名称および寸法の標準化

アンケート結果の討議および規格提案

14:30-17:00 ワークショップ

「磁気力顕微鏡による磁気記録媒体の微細磁区観察と記録ノイズ」(50分)
秋田大学 工学資源学科 材料工学科 教授 (兼秋田大学副学長) 石尾 俊二 様

「垂直媒体への磁気転写技術ならびに磁気転写マスター超微細加工」(50分)
富士フイルム株式会社 記録メディア研究所 研究担当部長 安永 正 様

「近接場アシスト磁気記録用デバイス」 (50分)
シャープ株式会社 技術本部 基盤技術研究所 第3研究室 主事 中野 郁雄 様


2006年8月4日(金)   開催場所:  発明会館 7階会議室(虎ノ門)

議題

13:30-14:00 部会

・ 微小スライダーの名称および寸法の標準化

14:00-17:00 ワークショップ

「スピントルクダイオード効果によるスピン注入磁化反転素子の解析」(40分)
産総研 エレクトロニクス研究部門 スピントロニクスグループ 久保田 均 様

「ハイブリッド記録研究動向および近接場光利用法と基礎検討」(60分)
日本大学理工学部電子情報工学科 教授 中川 活二 様

「製品アーキテクチャ論から見た2010年代のHDDビジネス」
-勝ちパターン構築に向けた基幹部品とファームウエアの役割-(60分)
東京大学大学院経済研究科 21世紀COEプロジェクト ものづくり経営研究センター
特任研究リーダー 小川 紘一 様


2006年6月2日(金)   開催場所: オカモトヤ(オカモトヤビル 4階)

議題

13:30-15:00 分科会
・ 今後の分科会活動の具体化(候補:微小スライダーの名称および寸法の標準化)
・ 副分科会長紹介

15:00-17:00 ワークショップ

「Recent Progress in the Patterned Media」(40分)
東芝研究開発センター 記憶材料・デバイスラボラトリー 室長 喜々津 哲 様
「スピン偏極走査電子顕微鏡(スピンSEM)による磁区観察」(40分)
(株)日立製作所 中央研究所 高度計測センタ 主任研究員 孝橋 照生様
「Ultra-Low Resistance-Area-Product in CoFeB/MgO/CoFeB Magnetic Tunnel Junctions」(40分)
キヤノンアネルバ エレクトロンデバイス装置事業部 プロセス技術グループ マネジャー David Djayaprawira 様



2006年2月10日(金)   開催場所:14森ビル 弁護士ビル

議題

13:30-15:00 分科会

・ロードマップの完成
・今後の分科会活動(候補:微小スライダーの名称および寸法の標準化)

15:00-17:00 ワークショップ

「高周波磁化応答」(40分)
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻 三宅 朝成 様

「磁気転写法によるサーボ信号記録」(40分)
茨城大学工学部メディア通信工学科 教授 杉田 龍二 様

「Computer Simulation of Thermally Assisted Magnetic Recording Method」(40分)
日立中研 ストレージ・テクノロジー研究センター 光応用記録研究部 主任研究員 赤城 文子 様


2005年12月9日(金)   開催場所: 弁護士ビル

議題
13:30-15:00 分科会

・ ロードマップの見直し
・ 今後の分科会活動


15:00-17:00 ワークショップ

「AlOxトンネルバリアの印加電圧による不可逆機構」(30分)
TDK ヘッドビジネスグループ HDDヘッドビジネスディビジョン 上杉 卓己 様

「CoFe電析薄膜の磁気特性および結晶構造解析」(30分)
富士通 ストレージプロダクト事業本部 ヘッド事業部 ヘッド先行開発部 三宅 裕子 様

「Ru-SiO2を用いたCoCrPt-SiO2媒体用中間層の薄膜化」(30分)
日立 中央研究所 ストレージ・テクノロジー研究センター 磁気記録システム研究部 武隈 育子 様


2005年10月28日(金)   開催場所: 阪急交通社(日比谷通り)地階 会議室

プログラム:

13:00-14:30
■IDEMA及び業界動向
1)IDEMA USA 2005 Global Standard Committee 報告  大津孝佳(日立GST)
2)応用磁気学会の報告     田上 勝通 (TDK)
3)ESD/EOSシンポジウムUSA2005報告     大津孝佳(日立GST)

14:30-15:00
■技術ロードマップの討議       小林和雄 (富士通)

15:00-15:15 Coffee Break

15:15-17:00
■ワークショップ (2件に変更 10/21)
1)CNTを用いた複合樹脂材料  高瀬博文 (タキロン)
2)電子デバイスとEMI測定               杉浦常夫(東京電子交易)
■IDEMA JAPANコラボレーション活動
1)RCJ ESD/EOSシンポジウム(11/10-11)について 塩野登(日本電子部品信頼性センタ)
-ナノデバイスのESD/EMI
-コンシューマエレクトロニクスのESD/EMI 
2)第26回リオン微粒子計測セミナー(11/15)について 蛭田陽一(リオン(株))
HDD製造におけるコンタミネーションコントロールセミナー


2005年7月22日(金)   開催場所:阪急交通社地階 第1・第2会議室

議題

13:30-15:00 分科会

・ISW-Standard Committee Chair Persons meeting 報告
・ロードマップの見直し

15:00-17:00 ワークショップ

「Low-Frequency Noise Analysis of TMR Heads」(40分)
TDK ヘッドビジネス HDDヘッドビジネスディビジョン 猿木 俊司 様
「Newly Developed Wraparound Shielded Pole Heads for Perpendicular Recording」(30分)
日立製作所 研究開発本部 ストレージ・テクノロジー研究センター 主任研究員 岡田 智弘 様
「Enhancement of Magnetic Flux Density in Sputtered FeCoPd Alloy and [FeCo/Pd]n Super Lattice Films at Room Temperature」(40分)
富士通 ストレージプロダクト事業本部 第一事業部ヘッド先行開発部 野間 賢二 様


2005年5月13日(金)   開催場所: 第14森ビル「弁護士ビル」地下1階

議題
  13:30-15:00 分科会
・ ロードマップの見直し

15:00-17:00 ワークショップ

「MgOトンネルバリア層を用いたMTJの低抵抗化」(40分)
アネルバ エレクトロンデバイス装置事業部 プロセス技術グループ 主任 恒川孝二 様

「Degradation Testing and Lifetime Predictions for GMR Heads under Mechanically and Thermally Accelerated Conditions」(40分)
富士通研究所 ストレージ・インテリジェントシステム研究所 磁気ディスク装置研究部 主任研究員 今村孝浩 様

「ESDによる電磁放射の本質」、デモ「ESD雑音電波発生メカニズムとその検出」(40分)
インパルス物理研究所 主任研究員 本田昌實 様

「両面同時スピンコーターの紹介」(20分)
ナノテック株式会社 専務取締役 横山泰明 様


2005年2月25日(金)   開催場所:「弁護士ビル」地下1階 No.2 

議題 

13:30-15:00 分科会

・ ロードマップの見直し
・ スライダー形状調査(Femto, Femco ・・・・・・)
・ 1インチ以下Diskの企画案の米国での状況

15:00-17:00 ワークショップ

「CIP-GMRヘッドのマグノイズの測定(仮題)」(60分)
東北大学 電子通信研究所 教授 山口正洋 様
「TIMARIS, the Innovative Ultra-High Vacuum PVD Tool for Production of Advanced Thin Film Heads」(60分)
Singulus Technologies AG, Senior Manager, Semiconductor Equipment/TMR-MRAM Dr. Wolfram Maass 様


2004年12月17日(金)   開催場所: 弁護士ビル 地下第2会議室

議題
13:30-15:00 分科会・ 今後の分科会活動予定

15:00-17:00 ワークショップ

「The Suspension's Role in the HDI」(40分)
Huchinson Technology, Director, Technical Support, Japan Robert Evans 様

「Preamp technology overview」(40分)
Marvell Semiconductor Inc, Senior Design Engineering Manager James Chiu 様

「積層構造化によるCoCrPt-SiO2垂直磁気記録媒体用中間層の改善」(40分)
(株)富士通研究所 磁気ディスク先行研究部 向井 良一 様


2004年10月18日(金)   開催場所:西新橋「弁護士ビル」

■13:00-13:15 ESDコントロール分科会より  大津
1. ESDコントロール分科会の活動について
2. RCJ ESDシンポジウム2004(11月11-12日)について
3. 静電気学会、米国ESDシンポジウムについて

■13:15-13:30 ヘッド・ディスク分科会より 小林
1. ヘッド・ディスク分科会の活動について
2. 応用磁気学会でのトピックスについて

■13:30-16:30 拡大ワークショップ  『磁気ヘッド技術とESD対策技術』
「単磁極ヘッドが隣接トラックに及ぼす影響」   富士通      井原 宣孝 様
「HDD用サスペンション配線の伝送特性」     日本発条      荒井 肇  様
「パルスAC方式の有効性とI.C.C.制御について」キーエンス       南部 竜介 様
「真空チャンバー内でのESD」         ファブソリューション  鈴木 功一 様
「テープドライブでのESD」          SONY      早田 裕  様
「電子ジャーナルについて」           電子ジャーナル     成沢 誠 様
書籍紹介「除電装置と除電技術」       シーエムシー出版    大倉 寛之 様

■16:30-17:00 テーブルラウンドディスカッション
『ヘッド・ディスクとESDコントロール』


2004年 07月23日(金)13時30分-   開催場所:弁護士ビル(14森ビル)地下1階 第2会議室

議題
13:30-15:00 分科会・今後の分科会活動予定

15:00-16:10 ワークショップ 「めっき法による高密度磁気記録用軟磁性材料の開発」(70分)
早稲田大学 理工学部 応用化学科 教授 逢坂 哲彌 様


2004年5月14日(金) 午後 1時30分より5時まで   開催場所:「弁護士ビル」地下1階 第2会議室

議題 13:30-15:00 分科会

・ 1インチ以下媒体規格策定

・ 今後の分科会予定

15:00-17:00 ワークショップ

「小型HDDを適用した新アプリケーションの動向」(50分)
ピクシービナクルコーポレーション 主任研究員 堀内 義章 様

「面内記録媒体SFMを用いた熱アシスト記録の検討」(50分)
富士通研究所 磁気ディスク先行研究部 猪又 明大 様



2004年2月27日(金) 午後1時30分より5時まで   開催場所:ニュー新ホール(ニュー新橋ビル 地下2階会議室)

議題

13:30-15:00 分科会

・磁気記録のロードマップ策定
・1インチ以下媒体規格
・今後の分科会予定

15:00-17:00 ワークショップ

「CCP-CPPヘッド(仮題)」(50分)  東芝 記憶材料デバイスラボラトリー 研究主幹 岩崎 仁志 様
「LDV方式によるディスク表面解析装置」(50分)  ジャスタム T&M事業部 リーダー 今泉 博夫 様


2003年12月18日(金)    開催場所:ニュー新ホール

議題 13:30-16:00 分科会

・ 磁気記録のロードマップ策定
・ 今後の分科会予定
・ 1インチ以下媒体規格
16:00-17:00 ワークショップ

「改めて基板材料(アルミ合金/ガラス)を比較する」(45分)
岡村技術士事務所 岡村康弘 様


2003年10月24日(金) 

議題

13:30-15:30 分科会

・ 磁気記録のロードマップ策定
・ 今後の分科会予定
15:00-17:00 ワークショップ

「数値解析を応用した潤滑剤流動特性評価方法と2層潤滑剤の特徴」(45分)
 富士電機総合研究所 デバイス技術研究所 記憶媒体グループ
  岡 峰夫 様
「TMRヘッド(仮題)」(45分)
 TDK株式会社 ヘッドビジネスG. HDDヘッドB.D. マーケット戦略G. 主幹
  松崎幹男 様

ページTopへ

IDEMA JAPAN (日本HDD協会) 
〒105-0003 東京都港区西新橋2-11-9 ワタルビル6階  地図
 E-mail : info@idema.gr.jp
(c) 2009 IDEMA JAPAN All Rights Reserved