IDEMA JAPANについて

IDEAMA JAPANについて

  1. TOP
  2. IDEMA JAPAN
  3. IDEAMA JAPANについて

IDEMA JAPAN(日本HDD協会)は


データストレージ業界
ーHDD(ハードディスク)、SSD、磁気テープ、光ディスクなどー
の健全な発展、交流促進を目指した非営利団体です。

データストレージに関連する全ての企業、
・ストレージデバイスメーカー
・ストレージメディアメーカー
・ストレージシステムメーカー
・製造・検査等装置メーカー
・ストレージの部品メーカー
・ストレージの材料メーカー
・使用されるICメーカー
・ストレージ関連を取り扱う商社
・クライアントユーザー
・データセンター
・データ復旧サービス
 などが結集。

グローバル活動として
IDEMA USA
ASRC
SNIA
等と連携しています。

会員企業の構成割合会員企業の構成割合

組織図

組織図

活動内容

フォーラム・セミナー

■ DISKCON JAPAN/国際ディスクフォーラム

話題の最新技術から市場動向まで、国際的なメンバーで構成されたトップレベルの講師が講演
DISKCONはディスク関連業界唯一の国際ディスクフォーラムと参考展示を備えたイベントで、IDEMA主催の年間行事で最大のものです。
国際ディスクフォーラムでは、国の内外から多数の講師を招聘し、話題になっている最新技術や今後の市場動向など、様々なテーマで講演を行っております。
国際的な業界のトップを交えた交流が、会員同士の相互理解をいっそう深めるのに役立っております。



■ セミナー

業界内の相互親睦を目指したセミナーは、交流の促進と業界全体の技術向上を促します。
コロナ禍の現在、このセミナーはオンラインで開催しています。

話題性のある最新技術の発表、またユーザーとサプライヤーを交えて問題点を討議するために年2回開催しているセミナーは、業界内の親睦を目指したもので、ディスクやヘッドなどの製造に関する技術的諸問題に対する各社の取り組みから、市場動向の予測、さらにはHDDを中心とした最新のストレージおよびストレージアプリケーション情報までをカバーしております。
セミナー終了後に行われる賀詞交換会/懇親会は、まさに参加者と講演者を交えた相互の親睦と情報交換の場です。



教育講座

初心から専門技術までを網羅した、充実した内容の教育講座を定期開催しています。
講座は集合形式やオンラインの他、顧客要望により、内容や開催場所をカスタマイズした出前講座も開催しています。
初心から専門と、受講者のニーズに合わせた教育講座を開催しています。

■ 初心者HDD講座
HDDを初めて学ぶ方を対象にHDDの歴史、種類・用途、磁気記録の基本、HDDの構造、トラブル対応、今後の動向等を分かりやすく習得するための講座です。

■ わかりやすいHDD講座
HDDの基礎知識を習得されたい方を対象にHDDの構造や仕組みを分かりやすく講義する講座です。

■ 専門講座
データストレージ関連機器の技術分野に携わっている研究者、技術者を対象とした、信頼性、信号処理などの専門的なテーマの講座です。

■ SSD入門講座
SSDに関する幅広い知識を学びたい方々を対象にした講座です。



技術委員会

■ ヘッドディスク部会
部会での交流やワークショップを通じ、研究・開発、製造、検査も含めた技術トレンドのリサーチ、技術および装置のロードマップ作成、および規格検討等の活動を行っています。
また、これまで二回に渡って(初版本および改訂版)ストレージ用語辞典の編纂に積極的に参加協力してきました。

■ コンシューマHDD部会
HDDレコーダーに代表されるコンシューマ機器特有のHDDの用法や、そのために必要な信頼性評価方法の規格・標準化に関しての活動を行っています。
SSDに関しても、当部会傘下のSSD WGとして活動を開始しています。

■ コンタミネーション・ESDコントロール部会
コンタミネーションコントロールおよび関連技術としてクリーンテクノロジー、分析技術に関する技術検討を行なっています。
併せてスタンダードの制定・改版および関連技術のワークショップを行なっています。

■ データ復旧部会
データ復旧サービス会社が急増し、選択困難の情況に対応するため、HDD技術者集団の協力を得て、本部会を設置し、統一基準の作成、復旧技術の向上、エンドユーザ啓蒙活動を行い、ストレージの理解とデータ喪失未然防止活動を進めています。

■ アーカイブ部会
ビッグデータ分析、IoT、AIなどの「データ利活用」では、より多くのデータを蓄積することが重要であり、階層型ストレージによるデータアーカイブが必要になるケースが増えると考えられます。
アーカイブストレージの標準化、啓発、普及への取り組みをしています。



各種規格の検討
■ 各種規格の検討

IDEMAスタンダードは、データストレージ関連業界全体の国際規格と成っています。
IDEMA USAを中心として、これまでも2.5インチHDD、1.8インチHDDの基板スペックやHDD評価方法に関する規格などを取りまとめてきました。
また、産業用SSDに関するSMART情報の標準化活動も行って居ります。
現在までに40件以上の規格が制定されています。
IDEMA JAPANでも技術委員会がディスクとヘッド、コンタミネーションコントロール、コンシューマHDD、ESDコントロール、データ復旧部会などの専門部会を設けてテーマを定め、IDEMA USAと情報を交換しながら、技術的検討や規格案の討議を行っています。



IDEMA JAPAN NEWS
■ IDEMA JAPAN NEWS

電子出版のニュースとメールマガジンで、ストレージ業界の最新情報を配信。
技術部会での討議内容や、ワークショップで発表された研究報告などの技術的な内容はもちろん、市場動向や協会の活動報告まで様々な内容の記事を隔月更新でウェブサイト上にて公開しております(技術部会ワークショップ・研究報告等は会員のみ閲覧可)。
また、メール形式のニュースも配信。データストレージ関連業界の動向から新製品情報まで、即時に入手することが可能です。