ヘッド・ディスク部会 -IDEMA JAPAN-

技術委員会

  1. TOP
  2. 技術委員会
  3. 2016年04月 ヘッド・ディスク部会

ヘッド・ディスク部会

ヘッド・ディスク部会

ヘッド・ディスク部会各位

平成28年3月28日
IDEMAヘッド・ディスク部会 会長 小林 和雄


部会の委員各位におかれましては、常にかわらぬ活動へのご協力を感謝いたしております。
今回も、ヘッド・ディスク部会を下記の通り持たせて頂きます。
これまで、今後の部会の活動について議論致しました結果、SMRを含めてHAMRやMAMR等の将来技術について調査して行こうということになりました。前回、今後の部会の進め方に関し議論した結果、現在の一番の問題としては、高記録密度記録媒体ができないことが上げられました。
HAMRやMAMRと言っても記録媒体ができなければ高記録密度の達成は不可能だと思われます。
今回も今後の部会の進め方に関し議論したいと思います。皆様の積極的な御参画をお願い致します。

会場の都合上、2016年4月13日(水)までにご出席のご連絡を三浦(miura@idema.gr.jp)までお願い致します。
(期限前でも定員に達した場合は申込みを締切らせていただきます)

日 時
2016年04月15日(金) 14:30〜
場 所
IDEMA JAPAN 事務局会議室

東京都港区西新橋2-11-9 ワタルビル地図
JR新橋駅 烏森口 徒歩10分
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅3番出口、徒歩5分

参加費
部 会: IDEMA会員*     一般(非会員)
懇親会: IDEMA会員    一般(非会員)
*IDEMA会員とは会員企業の社員の方と個人会員の方のこと
14:30-15:00

1.部会

(1)ヘッド・ディスク部会今後の部会活動および高記録密度化技術についての議論
(2)連絡事項
15:00-17:10

2.ワークショップ

「正方晶FeCo基合金薄膜の合成と一軸磁気異方性」(秋田大学退官記念)(40分)
秋田大学 特任教授 石尾俊二 様

休憩(10分)

「超音波を用いたコンタクトHDIの提案」(40分)
産業技術総合研究所 スピントロニクス研究センター 招聘研究員 田丸慎吾 様

「ホログラフィックデータストレージにおけるディスク媒体を
用いた大容量情報記録システム」(40分)
東京理科大学 基礎工学部 電子応用工学科 教授 山本学 様

17:10-18:00 

3.簡単な懇親会

過去のヘッドディスク部会は こちらから